Logic Pro X: オーディオリージョンをサンプラー音源に変換する

オーディオリージョンをサンプラー音源に変換する

「リージョンを新規サンプラートラックに変換」機能(デフォルトのキーコマンド: Control+E)を使って、オーディオリージョンをサンプラー音源に変換できます。選択したすべてのリージョンが、タイムラインでの位置順で、指定した最低ノートから始まるキー範囲にマッピングされます。

新しいトラックと、変換後のオーディオリージョンに使用されるトリガノートも自動的に作成されます。これらのトリガノートは、元のオーディオリージョンの時間位置と一致します。ピアノロールエディタでトリガノートを移動または編集できます。EXS24 mkIIのインストゥルメントエディタでゾーンパラメータを変更することもできます。EXS24 mkIIのインストゥルメントエディタの概要を参照してください。

オーディオリージョンをサンプラー音源およびトラックに変換する

  1. トラックウインドウで、変換するオーディオリージョンを選択します。

  2. 選択したリージョンのいずれかを右クリックまたはControlキーを押しながらクリックして、「変換」>「リージョンを新規サンプラートラックに変換」と選択します(またはデフォルトのキーコマンドを使います: Control+E)。

  3. ダイアログの「ゾーンの作成元」で「リージョン」または「トランジェントマーカー」を選択します。

  4. 「EXSインストゥルメント名」フィールドに名前を入力します。

  5. 「トリガノートの範囲」を以下のいずれかの方法で設定します:

    • MIDIキーボードでトリガ範囲の最低音に設定するキーを押します。MIDIキーボードでトリガ範囲の最高音に設定するキーを押します。

    • 「トリガノートの範囲」のポップアップメニューから最低音と最高音を選択します。

  6. 「OK」をクリックして、新しいサンプラー音源とトラックを作成します。操作を中止する場合は「キャンセル」をクリックします。

公開日: 2019/09/13
役に立ちましたか?