Logic Pro X: AutoFilterの概要

AutoFilterの概要

AutoFilterは汎用的なフィルタエフェクトで、ユニークな機能をいくつか持っています。典型的なアナログスタイルのシンセサイザーエフェクトの作成や、クリエイティブなサウンドデザインのツールとして使用することができます。

このエフェクトは、しきい値パラメータを使って入力信号のレベルを分析することで機能します。しきい値を上回る信号は、シンセサイザースタイルのADSRエンベロープまたはLFO(低周波オシレータ)をトリガするために使われます。これらのコントロールソースは、フィルタカットオフを動的にモジュレートするために使われます。

AutoFilterを使うと、異なるフィルタ・タイプやスロープの選択や、レゾナンスの量の調整、力強いサウンドにするためのディストーション、オリジナルのドライな信号と処理済みの信号をミックスするなどの操作も可能です。

図。AutoFilterウインドウ。主なインターフェイス領域が表示されている。

AutoFilterウインドウは、「Filter」、「Envelope」、「Distortion」、「LFO」、および出力パラメータセクションに分かれています。

  • 「Filter」パラメータ: フィルタリングされたサウンドの音質を制御します。AutoFilterのフィルタを参照してください。

  • 「Envelope」パラメータ: 時間軸に沿ってフィルタのカットオフ周波数をどのようにモジュレートするかを指定します。AutoFilterのエンベロープを参照してください。

  • 「Distortion」パラメータ: フィルタの前と後で信号を歪ませます。AutoFilterのディストーションを参照してください。

  • 「LFO」パラメータ: LFOでフィルタのカットオフ周波数をどのようにモジュレートするかを指定します。AutoFilterのLFOを参照してください。

  • 出力パラメータ: ドライ信号とエフェクト信号の両方のレベルを設定します。AutoFilterの出力を参照してください。

公開日: 2019/09/13
役に立ちましたか?