Logic Pro X: Compressorの「Side Chain」パラメータ

Compressorの「Side Chain」パラメータ

Compressorのサイドチェーンパラメータは、「Side Chain」ボタンを有効にしたときに右側に表示されます。

図。Compressorのサイドチェーンパラメータ。

注記:Compressorのモデルによっては、以下に紹介するパラメータの一部を使用できない場合があります。

Compressorのサイドチェーンパラメータ

  • 「Detection」のボタン: サイドチェーン入力でのステレオのサイドチェーン信号の処理方法を選択します。

    • 「Max」ボタン: オンにすると、一方のステレオチャンネルがしきい値を下回ったり上回ったりしたときに両方のチャンネルを圧縮します。

    • 「Sum」ボタン: 有効にすると、両方のチャンネルの合計レベルがしきい値を上回らない限り、圧縮が実行されません。

    • 「Peak/RMS」ボタン: 「Max」および「Sum」ボタンと組み合わせて使います。「Peak」または「RMS」を選択して、信号ピークと信号平均のどちらを使用して検出するかを指定します。オーディオ素材の種類とパラメータ設定(特に「Attack」)に応じて、処理された信号のクリック音などのアーチファクトを回避するために役立ちます。

  • 「Filter」ボタン: フィルタのオン/オフが切り替わります。サイドチェーン信号をモニタする場合は、「Listen」をオンにします。

  • 「Filter」のモードノブ: 入力サイドチェーン信号の処理に使用するフィルタの種類を選択します。サイドチェーン入力信号をフィルタすることでトリガ信号の精度が上がり、圧縮精度が向上します。「LP」(ローパス)、「BP」(バンドパス)、「HP」(ハイパス)、「ParEQ」(パラメトリック)、「HS」(ハイシェルビング)から選択できます。

  • 「Frequency」ノブ/フィールド: サイドチェーンフィルタの中心周波数を設定します。

  • 「Q」ノブ/フィールド: サイドチェーンフィルタが作用する周波数帯の帯域幅を設定します。

  • 「Gain」ノブ/フィールド: サイドチェーン信号に加えるゲインの量を設定します。

公開日: 2019/09/13
役に立ちましたか?