Logic Pro X: SubBassの概要

SubBassの概要

SubBassでは、元の信号よりも低い周波数を生成することで人工的な低音成分を追加できます。最も単純な使いかたは、エレクトリックベースギターのオクターバーペダルのように、オクターブ下の低音を重ねるというものです。ただし、ピッチが整ったモノフォニックな信号入力しか処理できないオクターバーペダルとは異なり、SubBassは複雑に重ねられた信号も操作できます。

SubBassでは、入力信号を2つに分け、それぞれから低音信号を生成します。これらは「High」および「Low」パラメータで定義します。SubBassのパラメータを参照してください。

警告:SubBassは非常に大きな出力信号を生成する場合があります。再生音量は中程度にし、低音域に対応していないスピーカーでは再生しないようにすることが重要です。イコライザを使って、この周波数帯を無理にスピーカーに出力するようなことは避けてください。

公開日: 2019/09/13
役に立ちましたか?