Logic Pro X: Sculptureのベロシティモジュレータ

Sculptureのベロシティモジュレータ

励起オブジェクトとフィルタには、専用のベロシティ感度コントロールがあります。これ以外の多くのモジュレーションのルーティングでも、「via」ソースとしてベロシティを選択できるようになっています。

しかし場合によっては、ほかの合成コアパラメータをベロシティによって直接制御した方が便利なケースもあります。その作業はこのセクションで実行できます。このセクションでは、2つの独立したターゲット/量/ベロシティカーブのスロットが使用できます。

図。「Velocity」(モジュレーション)パラメータ。

「Velocity」モジュレーションパラメータ

  • オン/オフボタン(1および2): ベロシティモジュレーションのオン/オフを切り替えます。

  • 「Target」ポップアップメニュー: ベロシティでモジュレートしたいターゲットのパラメータを選択します。

  • 量スライダ: モジュレーションの量(モジュレーションの強度)を設定します。

  • 「Curve」ボタン: ベロシティカーブを上に凸、直線、下に凸から選択します。

公開日: 2019/09/13
役に立ちましたか?