Logic Pro X: Sculptureのエンベロープを記録する

Sculptureのエンベロープを記録する

記録できるのは割り当てられているMIDIコントローラの動作に限られることを知っておいてください。そのため、エンベロープに対するMIDIコントローラの割り当てを、Sculptureインターフェイス下部の「MIDI Controller Assign」セクションで設定しておく必要があります(SculptureのMIDIコントローラを定義するを参照してください)。

図。「MIDI Controller Assign」セクション。

エンベロープの記録パラメータ

  • 「R」(Record)ボタン: エンベロープの記録を開始または停止します。下記で説明するトリガモード機能を使用して記録を停止することもできます。

    図。「R」(Record)ボタン。
  • 「Record Trigger」モードポップアップメニュー: 各種の記録トリガモードを選択して、記録を開始および停止します(「R」(記録)が有効な場合)。

    図。「Record Trigger」モードポップアップメニュー。
    • NoteOn: ノートが演奏されたときに記録を開始します。

    • Note + Ctrl Movement: ノートがホールドされている間にMIDIコントロール・チェンジ・メッセージを受信したときに、記録を開始します(割り当てられているMIDIコントローラについては、SculptureのMIDIコントローラを定義するを参照してください)。

    • Note + Sustain Pedal: ノートがホールドされている間にサスティンペダルが押されたときに記録を開始します。

エンベロープを記録する

  1. 「Note + Ctrl Movement」などの「Record Trigger」モードを選択します。

  2. 記録(「R」)ボタンをクリックして、記録を開始します。

  3. キーを弾いて押さえたままにします。エンベロープコントロール1または2あるいはその両方に割り当てられているコントローラ(たとえばモジュレーションホイール)を動かし始めます。

エンベロープの記録を停止する

以下のいずれかの操作を行います:

  • 記録(「R」)ボタンをクリックして、記録機能を無効にします。

  • すべてのボイスをリリースします。

  • すべてのキーのリリース後、新しいノートを弾きます。

注記:コントローラの動作を記録すると、「R」(記録)は自動的にオフに設定され、「Mode」は「Env」に設定されます。これによって、記録されたコントローラの停止位置に関係なく、記録された動作だけが有効になります。

記録したエンベロープを再生する

  • キーを弾いて、記録したエンベロープのポリフォニック再生を開始します。

注記:「Mode」パラメータを「Env」に設定し、「R」(記録)パラメータをオフに設定する必要があります。

また、「Mode」パラメータの「Env」ボタンと「Ctrl」ボタンの両方をオンにすることもできます。そうすれば、「CtrlEnv 1」または「CtrlEnv 2」に割り当てられているコントローラを使用して、記録されたエンベロープの再生と並行して、リアルタイムでエンベロープを処理できるようになります。

注記:「Env」と「Ctrl」の両方をオンにした場合には、エンベロープ出力にコントローラ値が加算されて、モジュレーションオフセットとなります。

記録したエンベロープを編集する準備をする

  • 記録後、エンベロープのセグメントおよびハンドルは自動的に設定されます。ハンドル部分と交差する垂直ラインをドラッグして編集を有効にします。

注記:なお、これによって、エンベロープの形状が変わることはありません。

公開日: 2019/09/13
役に立ちましたか?