Logic Pro X: PlatinumVerbの概要

PlatinumVerbの概要

PlatinumVerbでは、初期反射音と拡散したリバーブテイルの両方を独立して編集できるため、実際の部屋の正確なエミュレーションをより簡単に行うことができます。入力信号が2つの帯域に分割され、それぞれの帯域が個別に処理されます。編集も個別にできます。

図。PlatinumVerbウインドウ。主なパラメータ領域が表示されている。

PlatinumVerbのインターフェイスは4つの領域に分けられます:

  • 初期反射パラメータ: 原音信号について、実際の部屋の壁、天井、床で反射されたときの初期反射音をエミュレートします。PlatinumVerbの初期反射パラメータを参照してください。

  • リバーブパラメータ: 拡散残響を制御します。PlatinumVerbのリバーブパラメータを参照してください。

  • 出力パラメータ: エフェクトがかかった(ウェット)信号と直接の(ドライ)信号のバランスを設定します。PlatinumVerbの出力パラメータを参照してください。

  • 「Balance ER/Reverb」スライダ/フィールド: 初期反射音とリバーブ信号のバランスを制御します。スライダがどちらかの極値にある場合、他方の信号は聞こえません。

公開日: 2019/09/13
役に立ちましたか?