Logic Pro X: DeEsser 2

DeEsser 2

DeEsser 2は特定の周波数を対象とするコンプレッサーで、複雑なオーディオ信号の特定の周波数帯を圧縮します。これは、信号の歯擦音(ボーカルに多い目立ちすぎる「サ行」の音や、コンプレッサーやサチュレーションエフェクトによって強調されることのある「タ行」の破裂音)を除去するために使われます。DeEsser 2は信号を動的に圧縮するので、歯擦音が存在しない場合にはサウンドが暗い雰囲気になるのを防ぐことができます。DeEsser 2ではアタックおよびリリースの応答時間が非常に短いのでトランジェントが最短となり、自然なサウンドが保たれます。

DeEsser 2には2つの操作モードがあり、各モードで高エネルギー信号と低エネルギー信号を扱うことができます。また、2つのフィルタ形状と範囲パラメータがあり、これらを使うとエフェクトの影響を受ける周波数を指定および制御できます。

図。DeEsser 2ウインドウ。

DeEsser 2のパラメータ

  • 検出メーター: 入力信号のレベルを表示します。最大レベルはメーターの上にある数値ディスプレイに表示されます。クリックするとリセットされます。メーターの動作は絶対モードと相対モードで変化します。「Mode」ポップアップメニューの説明を参照してください。

  • 検出メーターのスライダ: ドラッグして、しきい値を設定します。レベルがしきい値を上回るとゲインリダクションが適用されます。

  • リダクションメーター: 適用するゲインリダクションの量が表示されます。最大レベルはメーターの上にある数値ディスプレイに表示されます。クリックするとリセットされます。

  • リダクションメーターのスライダ: ドラッグして最大リダクションレベルを設定します。

  • 「Threshold」ノブ/フィールド: しきい値を設定します。レベルがしきい値を上回るとゲインリダクションが適用されます。

  • 「Max Reduction」ノブ/フィールド: 適用するゲインリダクションの量を設定します。

  • 「Frequency」ノブ/フィールド: 検出フィルタのセンター周波数を設定します。

  • 「Mode」ポップアップメニュー: 相対(「Relative」)または絶対(「Absolute」)モードを選択します。「Relative」はデフォルトです。低エネルギー信号と高エネルギー信号を扱います。

    • 相対: このモードではバンドパス/ハイパス信号のエネルギーレベル(「Frequency」と「Filter」で指定します)が入力信号の全帯域のエネルギーレベルと比較されます。「Threshold」パラメータの値はフィルタリングされる信号のエネルギーの振幅を指定します(フィルタリングされる信号のエネルギーは常に全帯域の信号を下回るため)。増幅された信号が全帯域の信号を下回ると、検出メーターの「Threshold」値の下に青色のメーターが表示され、処理は行われません。増幅された信号が全帯域のレベルを上回ると、検出メーターの「Threshold」値の上に黄色のメーターが表示され、処理が行われます。

    • Absolute: 検出メーターに入力信号のエネルギー(「Frequency」と「Filter」でバンドパスまたはハイパスを指定します)が表示されます。エネルギーレベルが「Threshold」パラメータの値を上回るとメーターの表示が青色(処理なし)から黄色(処理)に切り替わります。「Threshold」パラメータに非常に低い値が設定されている場合、低エネルギー信号は絶対モードでのみ処理できます。

  • 「Range」ボタン: フィルタの周波数範囲を設定します。「Split」は設定した「Frequency」値の近くの信号に影響します。「Wide」は設定した「Frequency」値を中心にして、より幅広いスペクトル範囲に影響します。

  • 「Filter」ボタン: フィルタの形状にハイパスシェルビングまたはピークを選択します。

  • 「Filter Solo」ボタン: オンにすると、フィルタリングされた信号だけが聴こえます。「Threshold」と「Frequency」の値を設定するときに使うと便利です。

公開日: 2019/09/13
役に立ちましたか?