Logic Pro X: Retro Synthのグローバル/コントローラ設定

Retro Synthのグローバル/コントローラ設定

Retro Synthのグローバルコントロールでは、音源全体のチューニング、ポリフォニー、その他の要素を設定できます。

コントローラ設定では、MIDIキーボードの機能をRetro Synthのコントロールに割り当てることができます。3つのMIDIコントローラ(ベロシティ、モジュレーションホイール、アフタータッチ)使って、フィルタのカットオフ、波形(パルス幅)、またはLFO/ビブラートのレートのコントロールを変更できます。1つのコントロールに複数のMIDIコントローラを割り当てることもできます。たとえば、フィルタのカットオフをベロシティとアフタータッチのどちらでも変更できるように設定できます。逆に、複数のRetro Synthコントロールに1つのMIDIコントローラを割り当てることもできます。たとえば、フィルタのカットオフとLFOの速度をアフタータッチで同時に変更できます。

シンセサイザーを使うのがはじめてで、モジュレーションコントロールの概念になじみがない場合は、シンセサイザーの基礎の概要を参照してください。

図。Retro Synthのグローバルパラメータ。

「Settings」ラベルをクリックすると、モジュレーションコントロールとグローバル/コントローラコントロールが切り替わります。

グローバルパラメータ

  • 「Transpose」ポップアップメニュー: 値を選択して、Retro Synthのチューニングを±2オクターブの範囲でトランスポーズします。

  • 「Tune」フィールド: 上下にドラッグするか矢印をクリックするかして、Retro Synthを半音単位でチューニングします。

  • 「Bend」ポップアップメニュー: 値を選択して、上下方向の最大ピッチベンドを設定します。ピッチベンドのモジュレーションは、通常、MIDIキーボードのピッチ・ベンド・ホイールまたはジョイスティックで操作します。

  • 「Voices」ポップアップメニュー: 同時に鳴らすことのできる最大ノート数(最大16)、またはモノフォニックシンセサイザーとして再生できる最大ノート数を選択します。

    • 「legato」を選択した場合、レガートで演奏する(前のキーを押さえたまま次のキーを押す)と、レガートの最初のノートでのみエンベロープジェネレータがトリガされ、最後に押したキーを放すまでエンベロープのカーブが続きます。つまり、レガートで演奏するとポルタメントがかかることになります(ポルタメントタイムはオートベンドまたはグライドの「Time」コントロールで設定します)。あるキーを放してから次のキーを押した場合、新しいノートによってエンベロープのトリガはかからず、ポルタメントにはなりません。

    • 「mono」を選択した場合、スタッカートで演奏すると、新しいノートを弾くたびにエンベロープジェネレータがトリガされます。

  • 「Voice Detune」フィールド: 上下にドラッグするか矢印をクリックするかして、Retro Synthをセント単位(1セントは半音の100分の1)でチューニングします。

  • 「Stereo Spread」フィールド: 上下にドラッグするか矢印をクリックするかして、ボイスのパンニングの量を設定します。Spread: 0 =モノ、1 =左右いっぱいにパンニング。ボイスは左右対称の位置へ交互にパンされます。

    注記:デチューンとパンニングは、シングル・ボイス・モードおよびダブル・ボイス・モードで機能します。ダブル・ボイス・モードでは、デチューンおよびパンニングがそれぞれのボイスペアに影響します。

  • 「Voice Stacking」ポップアップメニュー: ユニゾンモードで再生するボイスの数を設定します。ユニゾンモードの動作は「Voices」パラメータの値によって異なります。ポリフォニック・アナログ・シンセサイザーの強みは、ユニゾン(声部の積み重ね)モードがあることです。従来のアナログ方式のポリフォニックシンセサイザーでは、1つのノートを弾いた場合、Unisonモードはモノフォニックで実行され、すべてのボイスが同時に鳴らされました。アナログシンセサイザーの場合、各ボイスのチューニングが完全には合っていないため、コーラスのような効果が生じ、音に深みが増すのです。

    • ポリフォニック・ユニゾン・モード: 「Voices」ポップアップメニューで2-16ボイスを選択した場合は、ボイスが積み重ねられると同時に、ポリフォニックで演奏できます。

    • モノフォニック・ユニゾン・モード: 「Voices」ポップアップメニューで「Mono」または「Legato」を選択した場合は、すべてのボイスが積み重ねられますが、モノフォニックまたはレガートでしか演奏できません。

コントローラのパラメータ

下に示すポップアップメニューで選択できるモジュレーションターゲットは、別のシンセサイザーエンジンがアクティブな場合は変化します。

  • 「Mod Wheel to」ポップアップメニュー/スライダ: キーボードのモジュレーションホイールのモジュレーションターゲットを選択します。このスライダでモジュレーションの最大量を設定します。

  • 「Velocity to」ポップアップメニュー/スライダ: キーボードのベロシティによるモジュレーションのターゲットを選択します。このスライダでモジュレーションの最大量を設定します。

  • 「Aftertouch to」ポップアップメニュー/スライダ: キーボードのアフタータッチによるモジュレーションのターゲットを選択します。このスライダでモジュレーションの最大量を設定します。

  • 「Assignable CC」ポップアップメニュー/スライダ: MIDI連続コントローラによるモジュレーションのターゲットを選択します。このスライダでモジュレーションの最大量を設定します。

    注記:このモジュレーションソースは、MIDI CC#4フットコントローラで使用する場合に最適です(アフタータッチとの組み合わせでよく使用されます)。拡張コントローラの機能を提供するMPEデバイスにも適しています。

公開日: 2019/09/13
役に立ちましたか?