Logic Pro X: Vintage Clavの「Main」ウインドウの概要

Vintage Clavの「Main」ウインドウの概要

「Main」ウインドウには、最もよく使われるパラメータが表示されます。

図。Vintage Clavの「Main」ウインドウ。

「Main」ウインドウのパラメータ

  • 「Pickup Position」ディスプレイ: 「Pickup Position」ディスプレイに表示されている2つの暗色のバーは、上(弦の上側)と下(弦の下側)のピックアップの位置と角度を示します。Vintage Clavの「Pickup Position」パラメータを使用するを参照してください。

  • 「Stereo Spread」パラメータ: この2つの部分で構成されたパラメータを使って、Vintage Clav出力のステレオ音像を変更します。調整はキーの位置で行います。このパラメータを使って、ピックアップのパン位置を制御することもできます。Vintage Clavの「Stereo Spread」パラメータを使用するを参照してください。

  • 「Brilliance」ノブ/フィールド: 弦の振動により発生した倍音成分のレベルを設定します。正の値(スライダを右側へ移動)では、シャープな響きになります。負の値では、ミュートのかかった響きになります。

  • 「Decay」ノブ/フィールド: 演奏したノートのアタックフェーズ後の、弦のディケイ時間を設定します。正の値にするとディケイ時間が長くなります。負の値にするとディケイ時間が短くなります。

  • 「Filter」スイッチ: 4つある「Filter」スイッチは、D6の実際のトーン・コントロール・スイッチをエミュレートします。

    • Brilliant: 低音が大きくカットされて鼻にかかったようなサウンドになります。

    • Treble: 低音が適度にカットされてシャープなサウンドになります。

    • Medium: 低音がわずかにカットされて薄いサウンドになります。

    • Soft: ソフトで弱いサウンドになります。

  • 「Pickup」スイッチ: 「AB」スイッチと「CD」スイッチを使うと、バーチャルピックアップの配線が変更され、トーンが変わります。Vintage Clavの「Pickup Position」パラメータを使用するを参照してください。

  • 「Volume」ノブ/フィールド: 全体の出力レベルを設定します。

    注記:MIDIコントローラ11が「Wah」や「Damper」のパラメータの制御に割り当てられていなければ、このコントローラを使って出力レベルを調整できます。

  • 「Damper」スライダ/フィールド: 弦をミュートできます。「Damper」パラメータはMIDIコントローラでも制御できます。「Damper」スライダへのコントローラの割り当てについて詳しくは、Vintage Clavの「Misc」パラメータを参照してください。

公開日: 2019/09/13
役に立ちましたか?