Logic Pro X: EVOC 20 PolySynthオシレータの概要

EVOC 20 PolySynthオシレータの概要

EVOC 20 PolySynthのオシレータを「Dual」モードと「FM」モードの間で切り替えることができます。合成セクションにはノイズジェネレータもあり、サウンドに特色をさらに加えることができます。

図。オシレータパラメータ。
  • 「Dual」モード: オシレータごとにデジタル波形を選択できます。

  • 「FM」モード: オシレータ1ではサイン波が生成されます。オシレータ1の周波数、つまりピッチは、オシレータ2で変調されます。これにより、多種多様なトーンやハーモニックが聞こえるようになります。オシレータ2は、利用可能な任意のデジタル波形を使用できます。FM(周波数変調)合成を参照してください。

    各モードによって、オシレータセクションにあるパラメータがわずかに変化します。

「Dual」および「FM」モードには以下の共通パラメータがあります。

共通のオシレータパラメータ

  • 「16’」、「8’」、「4’」値ボタン: オシレータ1のオクターブ範囲を設定します。「16’」(16フィート)が最も低く、「4’」が最も高い設定です。オクターブを測るフィートという単位は、パイプオルガンの管長に由来します。パイプが長くて太いほど、深い響きの音が出るようになっています。

  • 「Wave 1/Wave 2」フィールド: オシレータ1および2の波形タイプを選択します。さまざまな音響特性を持った単一サイクルのデジタル波形が50種類あります。

公開日: 2019/09/13
役に立ちましたか?