Logic Pro X: Pedalboardのユーティリティペダル

Pedalboardのユーティリティペダル

「Mixer」および「Splitter」ユーティリティペダルのパラメータについて以下の表にまとめます。

ストンプボックス

説明

Mixer

「Bus A」の信号と「Bus B」の信号の間のレベルの関係を操作します。信号経路のどこにでも挿入できますが、通常は信号経路の末尾(ペダル領域の右端に表示されます)で使います。詳しくは、Pedalboardのルーターを使うを参照してください。

  • 「Mix」フェーダー: 「A/Mix/B」スイッチの位置に応じて、レベルまたはレベルのバランスを設定します。

  • 「A/Mix/B」スイッチ: 「A」の信号をソロにしたり、「A」の信号と「B」の信号をミックスしたり、「B」の信号をソロにしたりします。

  • 「Pan」ノブ: 各バスのパンポジションを設定します。

Splitter

信号経路のどこにでも挿入できるユーティリティです。「Splitter」には2通りのモードがあり、「Freq」スイッチと「Split」スイッチの位置で設定されます。詳しくは、Pedalboardのルーターを使うを参照してください。

  • 「Frequency」ノブ: 「Freq」モードが有効なときに信号の分割に使用される周波数を設定します。

  • 「Freq」スイッチ: 周波数に応じて入力信号を分割するスプリッターとして機能します。「Frequency」ノブで設定した周波数を上回る信号は「Bus B」に送られます。この周波数を下回る信号は「Bus A」に送られます。

  • 「Split」スイッチ: 入力信号は両方のバスに均等にルーティングされます。このモードでは「Frequency」ノブは作用しません。

公開日: 2019/09/13
役に立ちましたか?