Logic Pro X: EXS24 mkIIのユニゾンモードでボイスを使う

EXS24 mkIIのユニゾンモードでボイスを使う

「unison」モードでは、1つのキーを弾くと最大64のボイスが再生されます。各ボイスのチューニングをわずかにずらすため、厚みのあるサウンドになります。旧式のアナログシンセサイザーをエミュレートする場合に最適です。

図。「unison」ボタン。

ボイスはパノラマフィールドに均等に分散され、対称的にデチューンされます。「Random」ノブを使用すると、ボイス間のチューニングのずれ度合いを決めることができます。

注記:1ノートにつき実際に使用されるボイスの数は、レイヤー化されたサンプルゾーンの数に従って大きくなります。

モノフォニック・ユニゾン・モードを使用する

  1. 使用したいキーボードモードに応じて、「mono」ボタンまたは「legato」ボタンをクリックします。EXS24 mkIIのキーボードモードを設定するを参照してください。

  2. 「Unison」ボタンをクリックします。

    • 効果の強さは、「voices」フィールドで設定した数値に応じて変わります。厚みのあるサウンドにするには「voices」の値を増やします。

    • また、チューニングの揺らぎ(ボイスの「ずれ」)は「Random」ノブで設定した値に応じて変わります。EXS24 mkIIのピッチパラメータを参照してください。

ポリフォニック・ユニゾン・モードを使用する

  • 「Poly」ボタンおよび「Unison」ボタンをクリックします。

    ポリフォニック・ユニゾン・モードでは、演奏される各ノートを二重にすることでその効果を得ます。つまり、「voices」パラメータのポリフォニー値が2等分されます。ノートをトリガすると、これら2つの各ボイスが聞こえます。「poly」と「unison」を選択すると、「mono」と「unison」を選択して「voices」の値を「2」に設定した場合と同じ効果が得られますが、ポリフォニックで演奏できます。

ボイスの数を設定する

  • 「voices」フィールドをドラッグして、EXS24 mkIIで同時に再生できるボイスの最大数(ポリフォニー)を指定します。

    図。EXS24 mkIIの「voices」フィールド。

    「used」フィールドは、キーボードの演奏時に使用されているボイス数を表す、リアルタイムモニタです。「voices」フィールドと「used」フィールドの値が頻繁に同じになる場合は、ボイスのドロップアウトが発生しているので、「voices」の値を大きくしてください。

公開日: 2019/09/13
役に立ちましたか?