Logic Pro X: Alchemyのスペクトル・エレメント・コントロール

Alchemyのスペクトル・エレメント・コントロール

ソースセクションは詳細表示でのみ表示されます。詳細表示に切り替えるには、「Advanced」ボタンをクリックします。その後、「A」、「B」、「C」、または「D」ボタンをクリックして、編集するソースを選択します。

このセクションのパラメータは、ソースサブページで「Spectral」ボタンを選択したときに表示されます。2つのAlchemyのスペクトル・エレメント・エフェクト・ユニットは、ソースサブページに表示されるスペクトル・パラメータ・セクションの下半分で操作できます。

注記:スペクトルエンジンのパラメータを使用するには、先に、スペクトル分析を使ってサンプルを読み込むか、スペクトル編集ウインドウでデータを描画する必要があります。Alchemyの読み込みブラウザおよびAlchemyのスペクトル編集ウインドウを参照してください。

スペクトル再合成は、信号の周波数スペクトルの変化を分析して、そのスペクトル特性を再作成する合成方式です。Alchemyでは、信号の可聴スペクトルが多数のスペクトルビンに分割されます。これらのビンのエネルギー分布を分析し、サイン波またはフィルタされたノイズを使って各スペクトルビンを必要量の信号で埋めることによって、サウンドが再作成されます。そして最後に、これらの結果が結合されます。

図。スペクトルエレメントのパラメータ。

スペクトルエレメントのパラメータ

  • オン/オフボタン: ソースのスペクトルエレメントを有効または無効にします。このコントロールは、オーディオファイルを「Add+Spec」モードで読み込み、加算エンジンとスペクトルエンジンの両方を使ってサウンドの異なる成分を個別に再作成する場合に便利です。加算成分またはスペクトル成分を単独で聴きたいときに、オン/オフボタンを使って一方のセクションを無効にできます。

  • 「Pitch/Noise」ボタン: スペクトルビンをサイン波で埋める場合は「Pitch」を選択します。スペクトルビンをフィルタされたノイズで埋める場合は「Noise」を選択します。これらのボタンの状態は、選択したオーディオ読み込みモードに応じて自動的に変わりますが、必要に合わせて変更できます。

    • 「Spectral」読み込み: スペクトルエレメントのみがオンになり、モードが「Pitch」に設定されます。スペクトルビンは、オリジナルの信号全体を再作成するために一般的に最適なサイン波によって埋められます。「Noise」モードに変更すると、通常の話し声をささやき声に変えるといった操作ができます。

    • 「Add+Spec」読み込み: 加算エンジンとスペクトルエンジンの両方がオンになります。スペクトルエンジンは、加算再合成が苦手とするサウンドのノイズ面を再作成するためにのみ使用されます。この場合、モードは「Noise」に設定されます。

  • 「Vol」ノブ: ソース内でのスペクトルエレメントの出力レベルを設定します。ソースに複数のエレメントを使用する場合は、このコントロールによってスペクトル成分の相対レベルが設定されます。

  • 「Low Cut」ノブ: カットオフ周波数を設定します。この周波数よりも高い信号はすべて通過し、この周波数よりも低い信号は遮断されます。

  • 「High Cut」ノブ: カットオフ周波数を設定します。この周波数よりも低い信号はすべて通過し、この周波数よりも高い信号は遮断されます。

    「Low Cut」パラメータと「High Cut」パラメータを組み合わせると、2つのカットオフ範囲内の信号だけを通過させるバンドパスフィルタとして機能します。

公開日: 2019/09/13
役に立ちましたか?