Logic Pro X: Clip Distortion

Clip Distortion

Clip Distortionは、予想もつかないような倍音スペクトルを発生する、ノンリニアのディストーションエフェクトです。過剰に負荷がかかった真空管によって発生する温かみのあるサウンドをシミュレートできるだけでなく、ヘビーなディストーションを作り出すこともできます。

Clip Distortionは、フィルタを直列に接続した独特の構造をしています。入力信号は「Drive」の値で増幅された後、ハイパスフィルタを通過し、続いてノンリニアディストーションがかけられます。ディストーション処理の後、信号はローパスフィルタを通過します。エフェクトのかかった信号は元の信号と再び組み合わさり、そのミックス信号が別のローパスフィルタを通過します。3つのフィルタのスロープは、いずれも6 db/Octです。

この独特な組み合わせのフィルタによって、周波数スペクトルにギャップが生じ、この種のノンリニアディストーションで優れたサウンドを得ることができるのです。

図。Clip Distortionウインドウ

Clip Distortionのパラメータ

  • 「Input Gain」ノブ/フィールド: プラグイン入力信号に加えるゲインの量を設定します。これは「Drive」パラメータのプリアンプのように機能します。

  • 「Drive」ノブ/フィールド: 入力信号に加える追加ゲイン(ディストーション)の量を設定します。信号は「Drive」で増幅された後、ハイパスフィルタを通過します。

  • 「Clip circuit」ディスプレイ: すべてのパラメータの影響が表示されます。

    • 「Tone」ハンドル/フィールド: ハイパスフィルタのカットオフ周波数(ヘルツ単位)を設定します。

    • 「Symmetry」ハンドル/フィールド: 信号に加えるノンリニア(非対称)のディストーションの量を設定します。

    • 「Clip Filter」ハンドル/フィールド: 最初のローパスフィルタのカットオフ周波数(ヘルツ単位)を設定します。

  • 「Mix」ノブ/フィールド: クリップフィルタでの処理後の、エフェクトのかかった(ウェット)信号と元の(ドライ)信号との比率を設定します。

  • 「High Shelving」ノブ/フィールド: ハイ・シェルビング・フィルタの周波数(ヘルツ単位)を設定します。「High Shelving」の「Frequency」を12 kHz付近に設定すると、ステレオのハイファイアンプかミキサー・チャンネル・ストリップの高音部コントロールのように使用できます。ただし、高音部コントロールとは異なる点として、「Gain」パラメータを使うことにより信号を最大で± 30 dB増幅またはカットできます。

  • 「LP Filter」ノブ/フィールド: ローパスフィルタのカットオフ周波数(ヘルツ単位)を設定します。ミックスされた信号を処理します。

  • 「Gain」ノブ/フィールド: ハイ・シェルビング・フィルタの周波数より上の出力信号に加えるゲインの量を設定します。

  • 「Output Gain」ノブ/フィールド: プラグイン出力信号に加えるゲインの量を設定します。

公開日: 2019/09/13
役に立ちましたか?