Logic Pro X: EXS24 mkIIのモジュレーションソースのリファレンス情報

EXS24 mkIIのモジュレーションソースのリファレンス情報

「Src」ポップアップメニューで選択できる、ターゲットのリアルタイムモジュレーションに使用可能なソースを表に示します。

ソース

説明

Side Chain

「Side Chain」モジュレーションは、モジュレーション信号としてサイドチェーン信号を使用します。サイドチェーンのソースは、プラグインウインドウのヘッダの「サイドチェーン」ポップアップメニューから選択できます。この信号が、内蔵のエンベロープフォロワーに入力され、現在の信号レベルに応じて値が変わるモジュレーション信号になります。

プラグインウインドウで操作をするを参照してください。

Maximum

「Maximum」では、このソースの値が+1(このソースで可能な最大量を表す内部値)に設定されます。「via」で設定可能な値でモジュレーションの強さを制御することができ、面白い効果が得られます。

Env1

ソースとしてエンベロープジェネレータ1を使用します。

Env2 (Amp)

ソースとしてエンベロープジェネレータ2を使用します。「Env2」は、常に全体的な音量を制御しています。

LFO 1

ソースとしてLFO 1を使用します。

LFO 2

ソースとしてLFO 2を使用します。

LFO 3

ソースとしてLFO 3を使用します。

Release Velocity

キーを放すとモジュレーションが発生します(リリースベロシティ情報を送信するキーボードが必要です)。

Pressure

「Pressure」(アフタータッチとも呼ばれます)は、モジュレーションソースとして使用されます。EXS24 mkIIはポリプレッシャー(ポリフォニックアフタータッチ)も認識します。

注記:モジュレーションデスティネーションに「Cutoff」を設定すると、タッチセンシティブMIDIキーボードであるキーを押した後に次のキーをどの位の強さで押すかによって、カットオフ周波数が上下するようになります。

Pitch Bend

モジュレーションソースとしてピッチ・ベンド・ホイールを使用します。

Key

「Kybd」(Keyboard)はキーボード上のキー(MIDIノート番号)を出力します。中央位置はC3です(出力値は0で、EXS24 mkII内部で使用されます)。出力値が- 1の場合、中央位置よりも5オクターブ下を表します。出力値が+1の場合、5オクターブ上を表します。モジュレーションデスティネーションを「Cutoff」、モジュレーションソースを「Key」に設定してモジュレートし、キーボード上の位置によってフィルタのカットオフ周波数を制御します。キーボードの演奏音の上下に合わせてカットオフ周波数が変化します。モジュレーションの強さを0.5にすると、カットオフ周波数はキーボードで演奏されるノートのピッチに合わせて変化します。

Velocity

「Velocity」はモジュレーションソースとして使用できます。

---

モジュレーションソースを無効にします。

MIDIコントローラ1-120

選択したMIDIコントローラはモジュレーションソースとして使われます。

コントローラ7と10は「Not available(使用不可)」と表示されています。 Logic Pro X では、これらのコントローラをチャンネルストリップの音量およびパンの自動化に使用しています。コントローラ11は「Expression」と表示されています。このコントローラはExpression機能に接続が固定されていますが、ほかのモジュレーションソースの制御にも使用できます。

公開日: 2019/09/13
役に立ちましたか?