Logic Pro X: EXS24 mkIIパラメータウインドウの概要

EXS24 mkIIパラメータウインドウの概要

EXS24 mkIIのパラメータウインドウでは、読み込まれたサンプラー音源の全体の変更と制御ができます。個々のサンプル(ゾーン)またはグループ化されたサンプルについては、インストゥルメントエディタ・ウインドウで制御します。EXS24 mkIIのインストゥルメントエディタの概要を参照してください。

図。メインのインターフェイス領域が表示されたパラメータウインドウ。

パラメータウインドウには以下のパラメータグループがあります:

  • サンプラー音源ポップアップメニュー/フィールド: クリックして、サンプラー音源の呼び出し、検索、および読み込みを行います。読み込まれたサンプラー音源の名前が表示されます。右側には関連の「edit」および「options」ボタンがあります。サンプラー音源ポップアップメニューを使用するを参照してください。

  • グローバルパラメータ: サンプラー音源の選択と設定、ポリフォニーの定義、クロスフェードの設定などを行うときに使用します。EXS24 mkIIのグローバルパラメータの概要を参照してください。

  • ピッチパラメータ: チューニング、トランスポーズ、およびピッチベンドの動作を調整するときに使用します。EXS24 mkIIのピッチパラメータを参照してください。

  • フィルタパラメータ: 読み込まれているサンプラー音源の音色を加工するときに使用します。EXS24 mkIIのフィルタの概要を参照してください。

  • 出力パラメータ: 読み込まれているサンプラー音源のレベルとキーボードスケーリングを制御するときに使用します。EXS24 mkIIの出力パラメータを参照してください。

  • 拡張パラメータ: インターフェイスの左下にある開閉用三角ボタンをクリックすると、追加のMIDIパラメータおよびランダマイズパラメータが表示されます。EXS24 mkIIの拡張パラメータを参照してください。

  • モジュレーションルーター: インターフェイスの中央の帯状部分にあるモジュレーションルーターは、モジュレーションソース(エンベロープやLFOなど)を、モジュレーションターゲット(オシレータやフィルタなど)にリンクさせるために使用します。EXS24 mkIIのモジュレーションルーターを使うを参照してください。

  • モジュレーションおよび制御パラメータ: ルーターのすぐ下の領域にあるモジュレーションおよび制御パラメータは、LFOおよびエンベロープの割り当てと調整に使用します。EXS24 mkIIのモジュレーションの概要を参照してください。

公開日: 2019/09/13
役に立ちましたか?