Logic Pro X: Pedalboardの読み込みモードを使う

Pedalboardの読み込みモードを使う

Pedalboardには、ペダルの種類ごとにパラメータ設定を読み込むことができる機能があります。Pedalboardプラグイン全体の設定を読み込むプラグインウインドウの「設定」ポップアップメニューとは異なり、この機能を使うと特定の種類のストンプボックスの設定を読み込むことができます。

図。読み込みモードのペダルブラウザ。

読み込みモードのオン/オフを切り替える

  • 「Import Mode」ボタン: 直前のPedalboard設定で使ったすべてのペダルを表示します。「Import Mode」ボタンが有効なときは、ペダルブラウザは読み込んだ設定を表示する別の表示モードに切り替わります。読み込みモードが無効なときは、ペダルブラウザは通常の形式で表示されます。

ペダルブラウザにペダル設定を読み込む

  1. 「Import Mode」ボタンをクリックして読み込みモードを有効にします。

    表示メニューが「Select Setting」ボタンに変わることに注意してください。

    注記:はじめて設定を読み込む場合は、読み込む設定を選択できるダイアログが表示されます。

  2. 「選択設定」ボタン: 設定を選択して、「開く」をクリックします。ペダルブラウザに1つまたは複数のストンプボックスが表示されます。

    読み込んだ設定の名前が、ペダルブラウザの下に表示されます。

読み込んだペダルをペダル領域に追加する

以下のいずれかの操作を行います:

  • ペダル領域: ペダルブラウザからペダル領域の適切な位置に、追加するストンプボックスをドラッグします。既存のペダルの左右または間にドラッグできます。

  • ペダル領域のペダルが選択されていないことを確認してから、ペダルブラウザでストンプボックスをダブルクリックし、ペダル領域の既存のエフェクトの右端に追加します。

    注記:読み込みモードに追加されたペダルのパラメータ設定も読み込まれます。

読み込んだペダル設定でペダル領域のペダル設定を置き換える

  1. ペダル領域で、置き換えたいペダルをクリックします。

    ペダルが青い枠で強調表示されます。

  2. ペダルブラウザのストンプボックスをクリックすると、ペダル領域で選択したペダル(ペダル設定)が置き換わります。

    ペダル領域で選択したペダルの青い枠とペダルブラウザが点滅し、読み込まれた設定を示します。ペダルブラウザの下部にある設定名領域に、「Click selected item again to revert」(「元に戻すには、選択したアイテムをもう一度クリックします」)と表示されます。

    注記:置き換えを確定するには、ペダルブラウザの背景をクリックするか、「Import Mode」ボタンをクリックします。

  3. 以前の設定に戻すには、ペダルブラウザで強調表示されているストンプボックスをクリックします。「Import Mode」ボタンと選択したペダルの枠(ペダル領域内)がそのまま強調表示され、元の設定に戻されたことを示します。

公開日: 2019/09/13
役に立ちましたか?