Logic Pro X: ES2の概要

ES2の概要

ES2は、減算合成とFMおよび波形テーブル合成をミックスして、極めて多様なサウンドを作り出します。このため、強力なパッド、持続的に変化するテクスチャ、重厚感豊かなベース、および金管楽器のサウンドを合成するのに最適な選択肢と言えます。

シンセサイザーを使うのがはじめての方は、シンセサイザーの基礎の概要を参照してください。そこでは、さまざまな合成システムの基本と用語を学ぶことができます。

ES2の3つのオシレータには、従来のアナログシンセサイザーの波形(ノイズを含む)、およびデジウェーブと呼ばれる1周期分の波形が100種類用意されています。この素材が基礎となって、厚みのあるアナログから荒削りなデジタルサウンドまで、およびこれらの混合サウンドが作り上げられます。オシレータのクロスモジュレーションにより、FM形式のサウンドを簡単に作り出すこともできます。その他にも、オシレータを同期およびリングモジュレーションを適用したり、出力段階でサイン波を直接ミックスしてサウンドに厚みを加えることも可能です。

ES2に備わっている柔軟なモジュレーションルーターを使用すると、(ユーザ定義)モジュレーション経路を同時に10個まで利用できます。その他にも、2次元グリッド上で2つのパラメータを制御可能な独自のプレーナーパッドなどがあります。プレーナーパッド自体は、高機能のベクトルエンベロープで制御できます。これは、持続的に変化していく複雑なサウンドを簡単に作成可能な、マルチポイントかつループ対応のエンベロープです。

最後の点として、ES2にはDistortion、Chorus、Phaser、およびFlangerの各エフェクトが組み込まれています。

実際に使いながら学んでいきたい場合は、さまざまな設定を試してみてください。役に立つヒントや情報を含む2つのチュートリアルが用意されているので、手順を実行しながらES2の理解を深めてゆくことができます。詳しくは、ゼロから作るES2サウンドデザインの概要およびテンプレートを使ったES2サウンドデザインの概要を参照してください。

注記:ES2ヘルプのさまざまな個所で、パラメータをモジュレーションのターゲットまたはソースとして使用する方法について説明しています。この方法で、幅広いモジュレーションを生成できるというES2の強みの1つを発揮できます。これらの手順を実行して、変化のある表情豊かなサウンド作りに挑戦してみてください。ES2のモジュレーションの概要を参照してください。

公開日: 2019/09/13
役に立ちましたか?