Logic Pro X: Vintage Mellotronの概要

Vintage Mellotronの概要

Vintage Mellotronは、1960〜70年代の数多くのクラシックロックやポップソングで用いられ、今でも根強い人気を誇る有名なキーボード楽器「メロトロン」の機能と数々のサウンドを再現します。

メロトロンは現代のサンプル再生楽器の原型といえます。音源にはたくさんの磁気テープが使われ、キーを押すと対応するテープが再生ヘッド上を走行します。各キーのプレッシャーパッドによってテープが再生ヘッドに押しつけられると同時に、ローラーによってキャプスタン(キーボードの下で常時回転している長い棒)に押しつけられて走行することで音が出る仕組みになっています。

各キーのテープは3トラック式で、最大3種類の音色を収録できます。音の長さは8秒までに制限され、8秒経つと音がぷっつりと切れます。キーを放すとテープが開始位置まで戻ります。再生ヘッドと、テープを収納するラックの位置をずらすことで、キーボード全体の音色を切り替えることができます(弦楽器とコーラスを切り替えるなど)。ずらす距離を短くして、テープ上で隣り合う音色をミックスすることもできます。

その後製作された改良型では、より長いテープを使用し、特定の長さごとに異なる音色を収録できるようになります。これは、現代のシンセサイザーでプリセットバンクを切り替えるのと似た仕組みです。それでも再生できるのは最大24音色程度で、それ以上の音色が必要なときは、楽器の中を開けてテープラックごと交換する必要があります。これには相当な手間がかかるため、ライブ演奏には適していません。

当時のサウンドライブラリでは、音を実際に演奏して、音程を変えながら1音ずつ録音していました。そのため、キーによって音の表情に微妙な違いがあり、その独自の音響特性がメロトロンの魅力になっています。

初期のメロトロンは機構が複雑で、テープが伸びやすい、ヘッドが安定しない、温度や湿度の変化、煙、ホコリ、磁気に弱いなどの欠点が多いため、状態を保つのは容易ではありませんでした。そもそも新品であっても、これらの特性上、まったく同じ音のするメロトロンは2台とありませんでした。

Vintage Mellotronには、実機のメロトロンのサウンドライブラリに収録されている各音を、テープの端から端まで、演奏の癖を含めて1音ずつ丹念にサンプリングしたサウンドが含まれています。ただし実機とは異なり、Vintage Mellotronでは音をループさせて、好きなだけ長く演奏できます。ループでは音が一定になることなく、音の本来の「味わい」が残るので、元の楽器で長い音を演奏している印象を出せます。

また、Vintage Mellotronでは、実機のライブラリのテープではできない組み合わせで2つの音色をミックスできます。さらに実機とは異なり、2つの音のバランスを調整することも可能です。

テープ速度のコントロールは、実機で同じコントロールを使用したときに生じる音色のゆらぎを再現します。このほか、オクターブのトランスポーズや音色の調整が可能です。Vintage Mellotronのコントロールを参照してください。

ほかの音源プラグインと同様に、Vintage Mellotronのパラメータはすべて自動化できます。

公開日: 2019/09/13
役に立ちましたか?