Logic Pro X: UltrabeatのステップシーケンサーのMIDIコントロール

UltrabeatのステップシーケンサーのMIDIコントロール

パターンの演奏は、着信MIDIノートに影響されます。これにより、ステップシーケンサーとの自然な対話が可能になり、Ultrabeatを優れたライブ演奏用音源として使うことができます。MIDIコントロールに対するUltrabeatの反応は、選択したパターン、再生、ボイス・ミュート・モードのオプションによって決まります。

図。パターン、再生、ボイス・ミュート・モードのコントロール。

MIDIコントロールのパラメータ

  • 「pattern mode」ボタン: MIDIノートメッセージによってパターンを選択して開始することができます。着信コントロールコマンドの受信の準備ができたことを示すため、トランスポートボタンが青くなります。

    複数のパターンの間で、MIDIノートC-1-B0が切り替わります。  C-1によりパターン1が選択され、C#-1によってパターン2が選択されます。以降はパターン24(MIDIノートB0の受信時に選択されます)まで、同様に処理されます。

  • 再生モード・ポップアップ・メニュー: MIDIノートを受信したときのパターン再生方法を指定します。以下のオプションから選択できます:

    • One-Shot Trig(ger): MIDIノートを受信すると、パターンが起動し、1サイクル再生した後に停止します。パターンが最終ステップに到達する前に次のノートを受信した場合は、その新しいノートによって最初のパターンの再生が停止し、次のパターン(受信したMIDIノートによって、別のパターンの場合もあれば同じパターンの場合もあります)の再生がただちに開始します。ノートオフイベントは無視されます。

    • Sustain: MIDIノートを受信するとパターンが開始し、対応するMIDIノートが開放されるまで無限ループで再生が続きます(ノートオフイベントは受信されます)。

    • Toggle: MIDIノートを受信するとパターンが開始し、次のノートを受信するまで無限ループで再生が続きます。ノートが同一の場合は、ただちにパターンが停止します。ノートが異なる場合、シーケンサーがただちに新しいパターンに切り替わります。

      「Toggle」モードでは、小節の途中でもパターンを切り替えることができます。シーケンサーはテンポを維持したまま、新しいパターンの対応する拍に自動的にジャンプします。ただし、「One-Shot Trig」モードではこのようなことはできません。これは、「One-Shot Trig」モードでは、MIDIノートを再生するとただちに新しいパターンが始めから再生されるためです。

    • Toggle on Step 1: 動作は「Toggle」モードと同じですが、次に1拍目(次のパターンサイクルの先頭)に達したときに、パターンの変更や停止が生じるという点が異なります。

  • 「voice mute mode」ボタン: C1以降のMIDIノートを再生したときにUltrabeatのミキサーの対応するサウンドがミュートされます。ピッチが同一の次のMIDIノートによって、ミュートが解除されます。これはパターンを自動再アレンジしたり、パターン内の1つの要素を削除せずにミュートしたりする場合に最適です。このモードは、特にライブ演奏やリミックス時に有効です。

この章で説明したクリエイティブなパターン切り替えオプションはすべてMIDIノートメッセージで実現されるので、Logic Pro Xで記録、編集、アレンジ、自動化が可能です。

公開日: 2019/09/13
役に立ちましたか?