Logic Pro X: Alchemyのモーフィングコントロール

Alchemyのモーフィングコントロール

ソースセクションは詳細表示でのみ表示されます。詳細表示に切り替えるには、「Advanced」ボタンをクリックします。その後、「Morph」ボタンをクリックして、モーフィングコントロールを表示します。

モーフィングコントロールでは、Alchemyに搭載されている4つのソースのミックス方法を設定できます。ミックス方法には2つの基本タイプがあります。

  • XFade: クロスフェードモードで、アクティブなすべてのソースが同時に鳴ります。「X」ノブと「Y」ノブでソースの混合比を調整します。このモードは、各ソースの「Amp」ノブを使って目的の混合比に調整するのと同じです。「Coarse Tune」の設定が高いソースから低いソースにクロスフェードする場合は、高い方がフェードアウトするにつれて低い方がフェードインし、クロスフェード中は両方のソースが聞こえます。

  • Morph: モーフィングモードで、4つすべてのソースの設定を補間するパラメータ値を使った単一のサウンドが生成されます。「Coarse Tune」の設定が高いソースから低いソースにモーフィングする場合は、モーフィング中に単一のサウンドが聞こえ、そのチューニングが高い値から低い値に滑らかに下がります。

モーフィングモードでは、ソース間で単にクロスフェードするよりも多くの調整ができます。また、異なるサウンド要素の異なる面を結合するクロス合成も可能です。たとえば、加算ソースのフォルマントなどの特性を別のソースのスペクトルエレメントに適用できます。「Alchemyのエレメントモーフィングの概要」に記載のチュートリアルを参照してください。

モーフィングできるのは特定のパラメータのみで、その多くはノブで操作するパラメータです。パラメータをモーフィング対象にすると、そのコントロールの周りに緑色の線が表示されます。モーフィング対象のパラメータにモジュレーションを割り当てると、そのコントロールの周りに緑色とオレンジ色の両方の線が表示されます。パラメータ設定はすべてのモーフィングソース間で共有されます。つまり、あるソースでパラメータを変更すると、すべてのモーフィングソースでそのパラメータが変更されます。

注記:ボタンやポップアップメニューで選択するパラメータなど、モーフィングに直接組み込めないパラメータには、そのコントロールの左上にロックアイコンが表示されます(ロックアイコンはソースのサブページにのみ表示されます)。オンボタンとポップアップメニューの組み合わせによるパラメータでは、ボタンにのみロックアイコンが表示されます。この場合、どちらのパラメータもモーフィングには組み込めません。

図。個々のエレメントのパラメータが表示された「Morph Lin」モード。

モーフィングコントロール

  • モーフィング・タイプ・ボタン: 4つのクロスフェードまたはモーフィングモードのいずれかを選択します。

    • XFade XY: 4つすべてのソースのレベルをクロスフェードします。

      • 「X」ノブでソースAとC対BとDの混合比を調整し、

      • 「Y」ノブでソースAとB対CとDの混合比を調整します。

    • XFade Lin: このモードは、ベロシティまたはキーフォローを基にしたクロスフェードを作成するときに便利です。

      • 「X」ノブの値を0%から100%に上げるにつれて、ソースAからB、C、Dへとクロスフェードします。

      • このモードには「Y」ノブはありません。

    • Morph XY: このモードは、「XFade XY」と似ていますが、ソースのすべてのパラメータがモーフィングされます。モーフィング時には、各ソース内の同じ番号のワープマーカーの位置でタイミングがそろえられます。Alchemyのゾーン波形エディタを参照してください。

      • 「All/Elements」ボタン: アクティブなすべてのパラメータのX/Y値を表示および編集する場合は「All」を使用します。5つのパラメータのX/Y値を表示および編集する場合は「Elements」を使用します。

      • 「X/Y」ノブ: アクティブなすべてのパラメータのX/Y値を編集します。「Linear」モードでは「Y」値は表示されません。

      • 「Additive」の「X/Y」ノブ: アクティブな加算ソースのモーフィング値を設定します。VAエレメントがアクティブな場合は、VAのモーフィング位置も設定されます。

      • 「Spec/Gran」の「X/Y」ノブ: アクティブなスペクトルソースまたはグラニュラソースのモーフィング値を設定します。サンプラーエレメントがアクティブな場合は、サンプラーのモーフィング位置も設定されます。

      • 「Pitch」の「X/Y」ノブ: アクティブなソース間のピッチモーフィング値を設定します。

      • 「Formant」の「X/Y」ノブ: アクティブなソース間のフォルマント・レベル・モーフィング値を設定します。ソースフィルタのノブのモーフィングも設定されます。

      • 「Envelope」の「X/Y」ノブ: アクティブなソース間のエンベロープモーフィング値を設定します。これらのコントロールではサウンドのタイミングがモーフィングされます。たとえばソースAに短いアタックが含まれ、ソースBに長いアタックが含まれる場合は、「X」ノブを調整するとアタックの長さが変わります。

      • 「Auto Gain」ボタン: ソースレベルの一致を有効にし、モーフィングをよりスムーズにします。

      • 「Fixed Pitch」ボタン: モーフィング位置の動きに関係なくルートノートを変化しない位置に固定するときにオンにします。オフにするとモーフィングの品質が上がります。

      • 「Auto Align」ボタン: 有効にすると、すべてのモーフィングソースの位置が自動的にそろえられます。たとえば、「Auto Align」を有効にすると、4つのモーフィングソースのそれぞれに含まれる、同じフレーズを発音している4つの話し言葉のサンプルで、単語のタイミングが補正されます。ワープマーカーを手動で設定すると、「Auto Align」が自動的にオフになります。

    • Morph Lin: このモードは、「XFade Lin」と似ていますが、ソースのすべてのパラメータがモーフィングされます。モーフィング時には、各ソース内の同じ番号のワープマーカーの位置でタイミングがそろえられます。Alchemyのエレメントモーフィングの概要を参照してください。

      • 「All/Elements」ボタン: アクティブなすべてのパラメータのX値を表示および編集する場合は「All」を使用します。5つのパラメータのX値を表示および編集する場合は「Elements」を使用します。

      • ソース・グループ・ボタン: ソースグループ「A-B」、「C-D」、または「A-B-C-D」を選択します。選択したグループのソースにのみモーフィングが適用されます。

      • 「Add/VA」ノブ: アクティブな加算ソースのモーフィング値を設定します。

      • 「Spec/Gran」ノブ: アクティブなスペクトルソースまたはグラニュラソースのモーフィング値を設定します。サンプラーエレメントがアクティブな場合は、サンプラーのモーフィング位置も設定されます。

      • 「Pitch」ノブ: アクティブなソース間のピッチモーフィング値を設定します。

      • 「Formant」ノブ: アクティブなソース間のフォルマント・レベル・モーフィング値を設定します。

      • 「Envelope」ノブ: アクティブなソース間のエンベロープモーフィング値を設定します。

      • 「Auto Gain」ボタン: ソースレベルの一致を有効にし、モーフィングをよりスムーズにします。

      • 「Fixed Pitch」ボタン: モーフィング位置の動きに関係なくルートノートを変化しない位置に固定します。オフにするとモーフィングの品質が上がります。

      • 「Auto Align」ボタン: 有効にすると、すべてのモーフィングソースの位置が自動的にそろえられます。ワープマーカーを手動で設定すると、「Auto Align」が自動的にオフになります。たとえば、「Auto Align」を有効にすると、4つのモーフィングソースのそれぞれに含まれる、同じフレーズを発音している4つの話し言葉のサンプルで、単語のタイミングが補正されます。

  • モーフィング四角形: 現在のX/Yモーフィング位置を表示および編集します。点をドラッグすると、X値、Y値、またはその両方が変化します。

    • 「Morph XY」モード: 「Elements」ボタンをオンにすると、色の異なる5つの点が表示されます。青が「Add/VA」、オレンジが「Spec/Gran」、緑が「Pitch」、紫が「Formant」、黄色が「Envelope」を表します。各点をドラッグすると、対応するX値とY値が変化します。

    • 「Morph Lin」モード: 「Elements」ボタンをオンにすると、色の異なる5つの点が表示されます。青が「Add/VA」、オレンジが「Spec/Gran」、緑が「Pitch」、紫が「Formant」、黄色が「Envelope」を表します。各点をドラッグすると、アクティブなソースグループ(「A-B」、「C-D」、または「A-B-C-D」)の対応するXパラメータ値が変化します。

公開日: 2019/09/13
役に立ちましたか?