Logic Pro X: Amp Designerのトレモロとビブラート

Amp Designerのトレモロとビブラート

トレモロとビブラートは、エフェクトセクションにある数個のスイッチと2つのノブで操作します。トレモロはサウンドの振幅または音量をモジュレートし、ビブラートはサウンドのピッチをモジュレートします。

図。エフェクトパラメータ。

トレモロおよびビブラートのパラメータ

  • 「On/Off」スイッチ: トレモロまたはビブラートエフェクトのオン/オフを切り替えます。

  • 「Trem/Vib」スイッチ: トレモロまたはビブラートのどちらかを選択します。

  • 「Depth」ノブ: トレモロまたはビブラートのモジュレーションの強度を設定します。

  • 「Speed」ノブ: モジュレーションの速度をヘルツ単位で設定します。低めに設定すると、滑らかで浮遊感のあるサウンドになります。高めに設定すると、回転翼の音のような効果を生み出します。

  • 「Sync/Free」スイッチ: 「Sync」を選択すると、モジュレーションの速度がホストのテンポと同期します。「Speed」ノブを使って値を設定する場合は、「Free」を選択します。Freeモードでは、「Speed」ノブを使ってさまざまな小節、拍、および音符の値(8分音符、16分音符など。3連符や付点音符も含まれます)にモジュレーションの速度を設定できます。

公開日: 2019/09/13
役に立ちましたか?