Logic Pro X: Ultrabeatのステップオートメーションの概要

Ultrabeatのステップオートメーションの概要

「Edit」モードスイッチをクリックし、Ultrabeatのステップオートメーションをオンにします。ステップオートメーション機能を使用すると、各ドラムサウンドに対してステップ単位でパラメータの変更をプログラムできます。自動化可能なサウンドパラメータには、シンセサイザーセクションのすべての機能が含まれますが、次の例外があります:

  • メニュー(モジュレーションルーティングなど)

  • ボタン(オシレータ・タイプのボタン、「trigger」/「group」セクションのボタン)

  • 「pan」/「spread」パラメータ

図。ステップ・オートメーション・モード、自動化可能なすべてのパラメータおよび「parameter offset」行。

「step」モードをオンにすると、Ultrabeatのインターフェイスが次のように変化します:

  • シンセサイザーセクションにある、自動化可能なすべてのパラメータの縁が黄色く表示されます。自動化できないパラメータも表示されますが、無効になっています。

  • ステップグリッドの「velocity/gate」行が変化し、「parameter offset」行が表示されます。

ヒント:「step」モードでオフセットを設定するとき、元のドラムサウンドに変更を加えたい場合があります。この調整を行うために何度も編集モードに切り替える代わりに、CommandキーとOptionキーを押すことで、Ultrabeatを一時的に「voice」モードに戻すことができます。

公開日: 2019/09/13
役に立ちましたか?