Logic Pro X: Vintage ClavのCompressorエフェクト

Vintage ClavのCompressorエフェクト

通常、Compressorエフェクトは「Distortion」エフェクトの直前で使用されます。このCompressorによってゲインを増減し、「Distortion」回路への入力レベルを調整します。ただし、Compressorはエフェクトチェーン内の任意の場所に配置でき、完全に無効にすることもできます。

図。Vintage ClavのCompressorのパラメータ。

Compressorエフェクトのパラメータ

  • オン/オフボタン: コンプレッサーエフェクトのオン/オフを切り替えます。

  • 「Ratio」ノブ/フィールド: 圧縮スロープを調整します。コンプレッサ回路で得られた追加ゲイン(コンプレッサを「Distortion」エフェクトの直前に配置した場合)を使って、バリバリとしたディストーションを得ることができます。また、キークリックの音を強調したり、各種のクラビネットモデルで倍音を強調したりする際にもコンプレッサが役立ちます。

公開日: 2019/09/13
役に立ちましたか?