Logic Pro X: オーディオリージョンの「Flexとフォロー」設定を選択する

オーディオリージョンの「Flexとフォロー」設定を選択する

Flexが有効なオーディオトラックでは、リージョンインスペクタに表示されるオーディオリージョンの「Flex」チェックボックスが「Flexとフォロー」ポップアップメニューに置き換わります。「Flexとフォロー」設定を使って、リージョンでFlex Timeを有効にするかどうか、リージョンをプロジェクトのテンポに従わせるかどうか、小節またはビートレベルでスマートテンポのビートマーカーも使用するかどうかを選択します。

図。トラックインスペクタの「Flexとフォロー」ポップアップメニュー。選択可能なオプションが表示されている。

スマートテンポのビートマーカーはスマート・テンポ・エディタで編集できます。「Flexとフォロー」ポップアップメニューが「小節」または「ビート」に設定されている場合、スマート・テンポ・エディタで行う編集内容は、トラック領域に表示されたリージョンにただちに反映されます(オーディオリージョンをクオンタイズするとトランジェントマーカーに反映されるのと同様です)。

旧バージョンの「Logic Pro」で作成されたプロジェクトを開くと、「Flex」チェックボックスが選択されていた(オンであった)オーディオリージョンでは、「Flexとフォロー」パラメータが「オン」に設定されます。「Flex」チェックボックスが選択されていなかった(オフであった)オーディオリージョンでは、「Flexとフォロー」パラメータが「オフ」に設定されます。

オーディオリージョンの「Flexとフォロー」設定を選択する

  1. オーディオリージョンを選択します。

  2. リージョンインスペクタの「Flexとフォロー」ポップアップメニューで以下のいずれかを選択します:

    • オフ: リージョンはプロジェクトのテンポ変更に従わず、Flexは有効になりません。

    • オン: リージョンはFlexが有効になり、手動でのFlex編集に従います。また、プロジェクトテンポの変更にも従います。

    • 小節(オン+小節を揃える): リージョンはFlexが有効になり、スマートテンポのビートマーカーに基づいてダウンビート(小節)ごとにプロジェクトテンポに合わせられます。

      テンポが小節単位で合わせられるため、「クオンタイズ」メニューで「1/1」設定は選択できません。

    • ビート(オン+小節とビートを揃える): リージョンはFlexが有効になり、スマートテンポのビートマーカーに基づいてビートごとにプロジェクトテンポに合わせられます。

      リージョンがビート(1/4 -音符)単位で合わせられるため、「クオンタイズ」メニューで「1/1」、「1/2」、「1/4」設定は選択できません。

「スマートテンポ」プロジェクト設定では、オーディオ録音と読み込んだオーディオファイルのデフォルトの「Flexとフォロー」設定を選択できます。

公開日: 2019/09/13
役に立ちましたか?