Logic Pro X: EFM1拡張パラメータ

EFM1拡張パラメータ

左下にある開閉用三角ボタンをクリックして、EFM1拡張パラメータを開きます。コントローラ割り当ての拡張パラメータについて詳しくは、EFM1 MIDIコントローラの割り当てを参照してください。

拡張パラメータ

  • 「MIDI Mono Mode」ポップアップメニュー: 「Off」、「On (with common base channel 1)」、または「On (with common base channel 16)」を選択します。

    どちらのモードでも、各ボイスが異なるMIDIチャンネルでデータを受信します。ベースチャンネルで送信されるコントローラメッセージとMIDIメッセージは、すべてのボイスに影響を及ぼします。

  • 「Mono Mode Pitch Range」スライダ: 範囲を半音0個から96個の間で設定します。

    選択したピッチベンド範囲は、共通ベースチャンネル以外のすべてのチャンネルで受信された個別のノートのピッチ・ベンド・メッセージに影響を及ぼします。デフォルトは半音48個です。これはiOS用GarageBandのピッチモードのキーボードと互換性があります。MIDIギターを使用する場合は、ギターからMIDIへの信号コンバータのほとんどがデフォルトで半音24個の範囲を使用するため、この範囲を選択することをお勧めします。

  • 「Main Pitch Bend Range」スライダ: 範囲を半音0個から24個の間で設定します。

公開日: 2019/09/13
役に立ちましたか?