Logic Pro X: Studio Horns の概要

Studio Horns の概要

Studio Horns では、表情豊かな演奏が可能な単独またはセクション管楽器音源集を利用できます。インターフェイスはシンプルですっきりしていて、すべての主要コントロールを 1 画面で操作できます。また、追加コントロールも用意されているため、好みや演奏スタイルに合わせて Studio Horns をカスタマイズできます。Studio Horns の拡張パラメータを参照してください。

Studio Horns 音源には、サスティン、スタッカート、フォールなどのさまざまな演奏スタイルをカバーする多数のサンプルが用意されています。アーティキュレーションと呼ばれるこれらの演奏スタイルは、プラグインヘッダで選択します。キースイッチを使ってリモート操作で切り替えることもできます。ソフトウェア音源のアーティキュレーションを管理するおよびアーティキュレーション・セット・エディタでアーティキュレーションを管理するを参照してください。

セクションおよび単独音源のデフォルトのキースイッチについては、Studio Horns のキースイッチマッピングを参照してください。

図。Soul セクションが表示された Studio Horns ウインドウ。

Studio Horns のパラメータ

  • 「Preset」ポップアップメニュー:単独またはセクション音源を選択します。

    MIDI チャンネルイベントを使ってセクション音源を制御できます。セクション内の特定の楽器を演奏したい場合は、各楽器のチャンネルに MIDI メッセージを送信してから、チャンネル割り当てのリストを追加します。セクションの MIDI チャンネルの割り当てを参照してください。

  • 「Monophonic」ボタン:単独音源でモノフォニックモードをオンにします。

  • 「Auto Voice Split」ボタン:オンにすると、キーボードでコードを演奏したときに、各音がセクション内の異なる楽器または楽器グループ(ボイス)に自動的に割り当てられます。

    各ボイスは、セクションの規模やタイプに応じて 1 種類または複数種類の楽器で構成されます。この機能は、楽器の音域などに基づいてコードの音を異なる奏者に割り当てる「ボイシング」の技法を再現したものです。「Auto Voice Split」の追加機能について詳しくは、Studio Horns の拡張パラメータを参照してください。

    注記:「Auto Voice Split」をオフにすると、キー範囲を共有する「Horn」セクション音源がレイヤー化され、1 つのキー範囲に割り当てられているすべての管楽器が同時に演奏されます。

  • 「Dynamics via CC」ボタン:オンにすると、音源のダイナミクス(強弱)と音色をリアルタイムで制御できます。拡張パラメータで、追加のダイナミクスコントロールとマッピング機能を利用できます。

  • 「Last Played Articulation」フィールド:最後に使用したアーティキュレーションが表示されます。これは、プラグインヘッダに表示されているアーティキュレーションと異なる場合があります。ソフトウェア音源のアーティキュレーションを管理するを参照してください。

  • 「Auto Vibrato」ノブ:選択した音源でのビブラートの強さを設定します。拡張パラメータで、追加のビブラートコントロールを利用できます。

  • 「ヒューマナイズ」ノブ:選択した音源でのランダムな変化量を設定します。ピッチやレベルをわずかにばらつかせることで、アンブシュールの変化をエミュレートします。

  • 「Volume」ノブ:音源の出力レベルを設定します。

  • 「Attack」ノブ:MIDI ノートオンメッセージ受信後の、音源のフェードイン時間を設定します。

  • 「Release」ノブ:MIDI ノートオフメッセージ受信後の、音源のフェードアウト時間を設定します。

  • 「Key Clicks」ノブ:サックスを含むセクション音源とサックスの単独音源で、キーやパッドのノイズレベルを設定します。

    注記:トランペットやトロンボーンのみの音源では「Key Clicks」ノブは表示されません。

セクション音源または単独音源を選択する

  • プリセット・ポップアップ・メニューをクリックし、使用可能なプリセットが表示されたウインドウで、サウンドを読み込みたいセクションまたは単独音源をクリックします。

  • ウインドウを閉じるには、ウインドウの外側をクリックします。

高度なアーティキュレーション機能を使う

Studio Horns には、フォールおよび Doit の複数のアーティキュレーションがあります。これらは、ほかのアーティキュレーションと同じようにキーボードで演奏できます。管楽器では、前のノートの後にギャップを生じさせずにフォールまたは Doit を入れられるように、ノートの終了位置にフォールまたは Doit を直接接続することがよくあります。Studio Horns は、実際にミュージシャンが演奏するときのように、フォールまたは Doit のアーティキュレーションを任意の位置のノートに「オンザフライ」でスムーズに接続できる特殊なモードを備えています。

  • スムーズなフォールまたは Doit を作成するには、任意のノートの直後に同じピッチの第 2 (「Fall」または「Doit」アーティキュレーション)のノートを追加します。前のノートからのギャップはまったく生じないか、ごくわずかになります。

    図。ピアノ・ロール・エディタに表示されているノートとアーティキュレーションのノート。

    注記:「Fall」または「Doit」のノートのベロシティは、前のノートと異なってもかまいません。また、「Fall」または「Doit」のノートの長さを変えることもできます。これにより、任意のノートの終了位置に非常に微妙なフォールや Doit を作成できます。

  • フォールまたは Doit をキーボードでライブ演奏するときは、「Fall」と「Doit」の定義済みのキースイッチを使用できます。これらはトリガモードで動作します。トリガモードでは「Fall」または「Doit」イベントが自動的に作成され、前のノートの直後に配置されます。「Sustain」アーティキュレーションでノートをホールドして、これを試してみてください。ノートの演奏中に「Fall Long」アーティキュレーションのキースイッチを押します。持続音に長いフォールが加わり、音が停止します。

公開日: 2018/08/17
役に立ちましたか?