Logic Pro X: Retro Synth FMのオシレータコントロール

Retro Synth FMのオシレータコントロール

シンセサイザーオシレータを調節して、基本的な音色を作ります。その後、オシレータの信号は、シンセサイザーエンジン内の加工、処理、操作用セクションに送信されます。フィルタコントロールアンプ/エフェクトコントロール, モジュレーション、およびグローバル/コントローラ設定のセクションを参照してください。

FM方式のシンセサイザーでは、変調波と搬送波のオシレータでさまざまなチューニングレシオを設定したり、FM強度を変更したりすることで基本的なサウンドを生成します。チューニングレシオにより基本的な倍音構造が決まり、FMコントロールにより倍音の音量レベルが決まります。

Retro SynthのFMシンセサイザーエンジンの心臓部には、マルチウェーブを出力する変調波オシレータ((波形)「Shape」スライダ)とサイン波を出力する搬送波オシレータ(「FM」(量)スライダ)があります。搬送波オシレータの基本的なサイン波は、純粋な無個性のトーンです。

音響的に興味深いものにするために、変調波を使って搬送波の周波数変調が行われます。この変調は可聴周波数帯域(実際に聞くことのできる範囲)で行われるため、多数のハーモニックが聞こえるようになり、音色が変わります。

搬送波オシレータの純粋なサイン波は、新たに生成されたハーモニックと組み合わされて、音声がずっと興味深いものになります。

「Harmonic」コントロールと「Inharmonic」コントロールを使えば、2つのオシレータのチューニングレシオを細かく調節することで、ハーモニックのレベルを微調整できます。

FM方式のシンセサイザーは、合成金管楽器や、ベルのような音、エレクトリックピアノのサウンド、鋭いベースサウンドとしてよく知られています。

図。Retro Synth FMのオシレータパラメータ。

FMのオシレータパラメータ

  • 「Vibrato」ノブ: 回して、ビブラート(ピッチモジュレーション)の量を設定します。

  • 「Modulation」ノブ: モジュレーションのソース(LFOエンベロープまたはフィルタエンベロープ)を選択し、モジュレーションの強さを設定します。選択されているターゲットが「FM」/「Harmonic」スイッチでモジュレートされます。

  • 「FM」(量)スライダ: 搬送波の波形は単純なサイン波です。スライダをドラッグして、この基音のレベルを調整します。

  • 「FM」/「Harmonic」ターゲットスイッチ: LFOエンベロープまたはフィルタエンベロープのモジュレーションターゲット(「FM」(量)、「Harmonic」、またはその両方)を選択します。

    • 左に切り替えると、LFOエンベロープまたはフィルタエンベロープを使用してFM(量)をモジュレートできます。

    • 中央に切り替えると、LFOエンベロープまたはフィルタエンベロープを使用してFM(量)と調和成分を同時にモジュレートできます。

    • 右に切り替えると、LFOエンベロープまたはフィルタエンベロープを使用して調和成分をモジュレートできます。

  • 「Harmonic/Inharmonic」スライダ: 調和成分と非調和成分のレベルを細かく調節することで、音色を微調整できます。技術的には、搬送波オシレータと変調波オシレータのチューニングレシオを変えていることになります。その結果として、調和成分と非調和成分の聞こえやすさが変わります。このパラメータは、「Wave Variation (FM Harmonic)」のリアルタイムのモジュレーションターゲットとしても使用できます。詳しくは、グローバル/コントローラ設定のセクションを参照してください。

    注記:(波形)「Shape」スライダではチューニングレシオが大幅に変わることがあるので、音の調和/非調和成分の量をわずかに変更したい場合には適していません。

  • 「Shape」スライダ: 搬送波の波形をモジュレートします。 このコントロールと「FM」スライダは、一方を調整するともう一方も調整されます。これにより、音域内での調和/非調和成分の量が変わります。

  • 「Mix」スライダ: 変調波オシレータと搬送波オシレータ間のクロスフェード(相対レベル)を設定します。

公開日: 2019/09/13
役に立ちましたか?