Logic Pro X: アーティキュレーションIDの処理

アーティキュレーションIDの処理

EXS24 mkIIの多くのサンプラー音源では、個々のサンプルまたはサンプルのグループを直接モジュレートできるアーティキュレーションID機能が利用されます。これによって、弦楽器の打弦と撥弦を切り替えたり、管楽器でスライドなどのさまざまなアーティキュレーションをトリガしたりするなど、表現豊かな演奏や再生の可能性を広げることができます。グループ選択フィルタを参照してください。

EXS24 mkIIインストゥルメントやその他の音源のアーティキュレーションは、プラグイのヘッダで選択します。リモートで切り替えることもできます。ソフトウェア音源のアーティキュレーションを管理するおよびアーティキュレーション・セット・エディタでアーティキュレーションを管理するを参照してください。

「詳細」環境設定パネルで「詳細編集」の「追加オプション」が選択されている場合、EXS24 mkIIインストゥルメントエディタで、EXS24 mkIIサンプラーを使用するソフトウェア音源のアーティキュレーションIDを表示および設定できます。

EXS24 mkIIインストゥルメントエディタでアーティキュレーションIDを表示する

  1. EXS24 mkIIプラグインウインドウで、「edit」ボタンをクリックしてEXS24 mkIIインストゥルメントエディタを開きます。

  2. 「グループ」ボタンをクリックします。

  3. EXS24 mkIIインストゥルメントエディタで「表示」>「グループ: グループの選択」と選択します。

    「グループを選択」セクションに、「タイプ」、「番号」、および「グループ」の列が表示されます。タイプで「アーティキュレーションID」が選択されている場合は、アーティキュレーションIDが「番号」列に表示されます。アーティキュレーションIDを使用する付属のソフトウェア音源では、IDに関連付けられたアーティキュレーションがグループ名になります。

    1つの音源に、同じノート範囲に設定されたグループが複数含まれる場合は、それぞれ別のアーティキュレーションIDを使用するように設定されます。設定された範囲のノートイベントが発生すると、そのノートイベントのアーティキュレーションIDに対応するアーティキュレーションIDを持つグループのみが再生されます。

EXS24 mkIIインストゥルメントエディタでアーティキュレーションIDを設定する

  • グループのタイプを「アーティキュレーションID」に設定した状態で、「番号」列の数字を縦方向にドラッグして、グループのアーティキュレーションIDを設定します。

アーティキュレーションIDを動的に変更するためのモジュレーションルーティングを作成する

EXS24 mkIIサンプラーでは、選択したソフトウェア音源で、MIDIコントローラなどのモジュレーションソースをデスティネーションパラメータにルーティングできます。アーティキュレーションIDをデスティネーションパラメータとして選択することで、ソースのMIDIコントローラを使用してアーティキュレーションを動的に変更できます。

モジュレーションルーティングを使用してアーティキュレーションIDを変更することの利点は、コントローラの値の範囲が、使用されているアーティキュレーションIDの値(実際にアーティキュレーションに関連付けられている値)に限定されていることです。

  1. モジュレーションルーターで、「Src」ポップアップメニューから使用したいコントローラを選択します。

  2. 「Dest」ポップアップメニューから「Articulation ID」を選択します。

  3. 強度スライダを一番上までドラッグして、100 %に設定します。

コントローラを操作すると、使用されている値の範囲でアーティキュレーションIDが変更されます。

公開日: 2019/09/13
役に立ちましたか?