Logic Pro X: Ringshifterのモードを設定する

Ringshifterのモードを設定する

4つのモードボタンのいずれかを選択し、Ringshifterが周波数シフターまたはリングモジュレータのどちらで動作するのかを指定します。

図。Ringshifterのモードボタン。

Ringshifterのモードパラメータ

  • 「Single Freq Shift」ボタン: シフトした単一のエフェクト信号を生成します。

    シフトの方向は、オシレータセクションの「Frequency」コントロールで指定します。ノブを半分より右側に設定すると信号が正の値にシフトアップし、左側に設定すると負の値にシフトダウンします。

  • 「Freq Shift」の「Dual」ボタン: 左右のステレオチャンネルのそれぞれに、シフトしたエフェクト信号を生成します。一方はシフトアップし、もう一方はシフトダウンします。

    シフトの方向は、オシレータセクションの「Frequency」コントロールで指定します。

  • 「OSC Ring Mod」ボタン: 内部サイン波オシレータを使って入力信号をモジュレートします。

  • 「Side Chain Ring Mod」ボタン: サイドチェーン入力経由で割り当てられたオーディオ信号を使って入力信号の振幅をモジュレートします。プラグインウインドウで操作をするを参照してください。

    「Side Chain」モードが有効なときは、サイン波オシレータがオフになり、「Frequency」コントロールは使用できなくなります。

公開日: 2019/09/13
役に立ちましたか?