Logic Pro X: Alchemyのソースモジュレーション

Alchemyのソースモジュレーション

ソースセクションは詳細表示でのみ表示されます。詳細表示に切り替えるには、「Advanced」ボタンをクリックします。

「Pan」、「Tune」、「Position」など、Alchemyのソースパラメータの多くは、AHDSRやLFOなどのモジュレーションソースを使ってモジュレートできます。パラメータにモジュレーションを割り当てると、そのコントロールの周りにオレンジ色の線が表示されます。Alchemyのモジュレーションの概要を参照してください。

注記:モーフィング対象のパラメータにモジュレーションを割り当てると、そのコントロールの周りに緑色とオレンジ色の両方の線が表示されます。

ここでは、モジュレーションターゲットとして「Position」を例に説明します。ほかのソースパラメータでも基本原理は同じです。

「Position」では、オーディオデータの再生位置を設定します。このパラメータをモジュレートすると、オーディオデータの再生パスが、選択したモジュレーションソースによってコントロールされます。サンプラーモードでは、ノートオンモジュレーション値によってオーディオデータの再生位置の初期オフセットが決まります。再生は、その位置から開始した後、残りのサウンドは通常通りに進みますが、「Loop mode」を「All」に設定したときのように全体がループします。加算モード、スペクトルモード、またはグラニュラモードでは、「Position」を任意の速度(0を含む)で前または後方向に連続的にモジュレートできます。

位置をモジュレートしてテンポが同期したループを作成する

「Position」パラメータをモジュレートすることで、オーディオのループ再生をLogic Pro XMainStage 3のテンポと簡単に同期できます。 この方法は、「Position」を連続的にモジュレートできる合成方式であればどれでも使用できます。この例ではグラニュラエンジンを使用しますが、加算エンジンやスペクトルエンジンでも操作方法は変わりません。

「Position」と「Speed」を0%に設定することで、単極のLFO、MSEG、またはモジュレーションホイールとリンクしたPerformanceコントロールを使って「Position」をモジュレートできます。「Position」をモジュレートするときに「Speed」の値を0よりも大きくすると、再生パスは、モジュレーション値が変化している間はモジュレーション値、静止している間は「Speed」に基づく速度のパスに従うことになります。

  1. 名前バーで、「File」ボタンをクリックし、ポップアップメニューから「Initialize Preset」を選択してAlchemyのすべてのパラメータをデフォルト設定にリセットします。

  2. ソースAで、規則正しくループするリズムまたはメロディーのサンプルを読み込みます。

  3. ソースAの「Speed」ノブを最小値の0%まで下げて、いくつかの音を弾いてみます。

    サンプルの先頭で再生がフリーズしているように聞こえるはずです。

  4. 以下のいずれかの操作を行います:

    • 「Position」ノブをクリックしてこのパラメータをモジュレーションターゲットに設定してから、1段目のモジュレーション・ラック・スロットをクリックし、ポップアップメニューから「LFO」>「LFO 1」と選択します。

    • Controlキーを押したまま「Position」ノブをクリックして、ショートカットメニューから「Add Modulation」>「LFO」>「LFO 1」と選択します。

      「Position」ノブの周りにオレンジ色の線が表示されます。これは、このパラメータにモジュレーションが割り当てられていることを示します。

  5. モジュレーションセクションでLFOコントロールが表示されていない場合は「LFO」ボタンをクリックしてから、「LFO」セクションの「Shape」選択ポップアップメニューで「Basic」>「Ramp Up」と選択します。さらに「LFO」セクションで、「Bipolar」ボタンをオフにします。

    この経路では「Position」が滑らかに上がって、サンプル全体が先頭から末尾まで再生された後、ただちに先頭に戻ってループし続けます。

  6. 再生速度が速すぎる場合は、LFOの「Rate」を調整します。

  7. 最後に、Logic Pro XMainStage 3のテンポを調整しながらいくつかの音を弾いて、ループが適切に同期していることを確認します。

    注記:「Position」を「Ramp Up」のLFO形状でモジュレートする場合は、必ずしも事前に「Speed」を0%に設定して再生をフリーズさせる必要はありません(上記の手順ではステップ3で行っています)。この形状では値が途中で静止したり平坦になったりせず絶えず変化し、再生位置が常に動いているため、「Speed」の値は影響しません。しかし、途中で静止したり平坦になったりする形状では、「Speed」を0以外の値に設定すると、再生位置がLFOの形状とサンプルの通常再生動作を組み合わせたパスに従うことになります。

公開日: 2019/09/13
役に立ちましたか?