Logic Pro X: Space Designerの出力パラメータを使う

Space Designerの出力パラメータを使う

Space Designerのグローバルパラメータは、エフェクトの全体的な入力、出力や動作に作用します。Space Designerのグローバルパラメータの概要およびSpace Designerのグローバルパラメータを使うを参照してください。

以下のタスクには、Space Designerの出力パラメータが使われています。

Space Designerのモノ/ステレオ出力パラメータを設定する

「Output」パラメータでは直接の(ドライ)信号と処理済みの(ウェット)信号のバランスを調整できます。使用可能なパラメータは、入力設定によって異なります。

モノ、モノ→ステレオ、またはステレオエフェクトとしてSpace Designerを接続した場合は、2つの出力スライダが表示されます。1つは直接信号用の「Dry」スライダ、もう1つはリバーブ信号用の「Wet」スライダです。

図。Space Designerの出力パラメータ。
  • 「Dry」スライダのレベルを設定する: 動かして、エフェクトがかかっていない(ドライ)信号のレベルを設定します。Space Designerをバスチャンネルに接続した場合、またはスピーカーシミュレーションなどのモデリング・インパルス・レスポンスを使用する場合は、このスライダを0(ミュート)まで動かしてください。

  • 「Wet」スライダのレベルを設定する: 動かして、エフェクト信号のレベルを調整します。

Space Designerのサラウンド出力パラメータを設定する

「Output」パラメータでは、直接の(ドライ)信号と処理済みの信号のバランスを調整できます。使用可能なパラメータは、入力設定によって異なります。

サラウンド設定の場合、「Dry」スライダと「Wet」スライダに加え、小さなサラウンド出力ミキサーを構成する、3つの出力スライダがあります。

図。ステレオモードとサラウンドモードの「Output」パラメータ。
  • 「LFE to Rev」スライダのレベルを設定する: 動かして、ほかのサラウンドチャンネルとは別に、LFEチャンネルの出力レベルを調整します。

  • 「C」(Center)スライダのレベルを設定する: 動かして、ほかのサラウンドチャンネルとは別に、センターチャンネルの出力レベルを調整します。

  • 「Bal」(Balance)スライダのレベルを設定する: 動かして、フロント(L-C-R)チャンネルとリア(Ls-Rs)チャンネルのレベルのバランスを設定します。

    • 7.1 ITUサラウンドでは、サラウンドアングルを考慮してLm-Rmスピーカーを軸に、その前後でバランスを設定します。

    • 7.1 SDDSサラウンドの場合は、Lc-Rcスピーカーがフロントスピーカーと見なされます。

  • 「Dry」スライダのレベルを設定する: 動かして、すべてのチャンネルのエフェクトがかかっていない(ドライ)信号の全体的なレベルを設定します。AuxチャンネルストリップでバスエフェクトとしてSpace Designerを使用する場合は、このスライダを0(ミュート)まで動かします。バスに送られた各チャンネルストリップの「Send」ノブを使うと、ウェットとドライのバランスを制御できます。

  • 「Wet」スライダのレベルを設定する: 動かして、すべてのチャンネルのエフェクトがかかった(ウェット)信号の出力レベルを調整します。

Space DesignerのSpreadパラメータを使う

「X-Over」(クロスオーバー)スライダの設定と「Hi Spread」ノブおよび「Lo Spread」ノブの値は、信号の聴感上の広がりを大きくします。これは、入力信号の高周波数帯域に通常含まれている、方向の情報を損なわずに行うことができます。低周波数の場合は、中央の低周波数成分が抑えられて左右に広がります。これにより、サウンドを包み込むようなリバーブが得られます。

図。「Spread」パラメータ。
  • 「Spread」ノブ/フィールドのレベルを設定する: 回すと、「X-Over」(クロスオーバー)パラメータで指定した値より下または上の周波数に対して、ステレオベースが広がります。

    • 「Spread」の値を0.00にすると、ステレオまたはサラウンドの情報は追加されません。ソース信号とリバーブにもともと設定されていたステレオまたはサラウンドの情報は、保持されます。

    • 「Spread」の値を1.00にすると、左右のチャンネルの広がりが最大になります。

    注記:サラウンドインスタンスのSynthesized IRモードでは、1つの「Spread」ノブだけが表示されます。

  • 「X-Over」スライダ/フィールドのレベルを設定する: クロスオーバー周波数をヘルツ単位で設定します。設定した値よりも下または上のインパルスレスポンスの周波数は、「Lo Spread」パラメータと「Hi Spread」パラメータ(値が0より大きい場合)の影響を受けます。

注記:これらのパラメータは、Space Designerをモノプラグインとして使用する場合は無効です

公開日: 2019/09/13
役に立ちましたか?