Logic Pro X: ChromaVerbの詳細ウインドウのコントロール

ChromaVerbの詳細ウインドウのコントロール

詳細ウインドウには詳細パラメータがあり、6バンドの内蔵Output EQが表示されます。

メインウインドウにはメインウインドウのコントロールがあり、グラフィックディスプレイにDamping EQのオーバーレイが表示されます。右上の「Main」ボタンまたは「Details」ボタンをクリックすると、ウインドウが切り替わります。

図。ChromaVerbの詳細ウインドウのコントロールパラメータ。

ChromaVerbの詳細ウインドウのコントロールパラメータ

  • 「Quality」ポップアップメニュー: 音質レベルを選択します。「Low」を選択すると、ノイズの多いモジュレーションを伴う粗いリバーブが生成されます。「High」を選択すると、クリーンで精密なサウンドになります。「Ultra」を選択すると、豊かな響きのリバーブになります。

  • 「Mod Speed」スライダ/フィールド: 内蔵LFOの速度を設定します。

  • 「Mod Depth」スライダ/フィールド: LFOモジュレーションの深度を設定します。範囲は選択した部屋の種類によって決まります。

  • 「Mod Source」ボタン: サイン波、ランダム波形、またはノイズ波形のLFO波形を選択します。

  • 「Smoothing」スライダ/フィールド: LFOの波形を変更します。ランダム波形は滑らかになり、サイン波とノイズ波形は飽和します。

  • 「Early Mix」/「Late Mix」スライダ/フィールド: 初期と後期の反響のレベルを設定します。これらは「Distance」パラメータによって変わります。メインウインドウのコントロールを参照してください。

  • 「Width」スライダ/フィールド: リバーブのステレオ幅を設定します。

  • 「Mono Maker」のオン/オフボタン: オンにすると、対応するスライダで設定された周波数より下のステレオ情報が削除されます。

  • 「Mono Maker」スライダ/フィールド: ステレオ情報を削除する周波数の上限を設定します。これによって、低周波数域全体での聴感上のレベルロスが補正されます。

公開日: 2019/09/13
役に立ちましたか?