Logic Pro X: Vintage Clavのインターフェイス

Vintage Clavのインターフェイス

Vintage Clavの操作画面は4つの領域に分かれています。上部のコントロールバーでは、クラビネットのモデルを選択したり、中央の表示を詳細なコントロールに切り替えたりできます。下部の領域では、トーン、レベル、ダンパーのコントロールを直接操作できます。インターフェイスの最下部には拡張パラメータを表示できます。

コントロールバーのボタンを使用すると、中央の表示が切り替わります。

図。Vintage Clavのコントロールバー。
  • モデル・ポップアップ・メニュー: 基本的なトーンの種類(つまりモデル)を選択します。それぞれ独特の音色およびさまざまな倍音構造があり、多様なサウンドを作り出すことができます。Vintage Clavのモデルを参照してください。

  • 「Main」ボタン: 「Pickup Position」、「Stereo Spread」、「Brilliance」、「Decay」の各コントロールを中央に表示します。Vintage Clavの「Main」ウインドウの概要を参照してください。

  • 「Effects」ボタン: 内蔵されているエフェクトのパラメータを中央に表示します。Vintage Clavの「Effects」ウインドウの概要を参照してください。

  • 「Details」ボタン: サウンドのパラメータを変更したり、Vintage Clavのチューニングなどのグローバルパラメータを設定したりできる「Details」ウインドウを開きます。Vintage Clavの「Details」ウインドウの概要を参照してください。

  • 拡張パラメータ: 必要に応じて、左下にある開閉用三角ボタンをクリックしてVintage Clavの拡張パラメータを開きます。

公開日: 2019/09/13
役に立ちましたか?