Logic Pro X: ミニモーグ

ミニモーグ

モーグとブックラによる電圧制御シンセサイザーは、モジュラー型でした。1つまたは複数のシャーシに電源や本物のモジュールが収容されていました。モジュールの入力と出力は、複雑に交錯するパッチコードを使って相互に接続する必要があり、それが完了しないとシンセサイザーから音が出ませんでした。これらの接続を正しく行うことは、それ自体が1つの技術であり、実際に役立つ設定方法を取得するには大変な習熟が必要とされました。

モーグは、これらのモジュラー型シンセサイザーが平均的なミュージシャンにとっては複雑で高価すぎること、および従来の楽器業者を通じて販売するなら失敗するであろうことを認識しました。1969年、モーグは技術者のジム・スコット(Jim Scott)、ビル・ヘンサス(Bill Hemsath)、およびチャド・ハント(Chad Hunt)と協力して小型、持ち運び可能、手頃な価格、使いやすさを特徴とするシンセサイザーの設計に着手しました。3台のプロトタイプを作成した後、1970年夏にミニモーグモデルDが発表されました。

以前のモジュラー式シンセサイザーとは異なり、演奏者がミニモーグのモジュールを接続することは不要かつ不可能になりました。すべてのモジュールの接続回路は、工場で配線されていました。モジュールの種類と数も固定されていました。このため、製造工程は大幅に簡略化され、コストは劇的に削減されました。大規模な販売運動のために、ミニモーグは大成功を収めました。1981年までに、全世界で13,000台ものミニモーグが、基本設計を変更することなく販売されました。

公開日: 2019/09/13
役に立ちましたか?