Logic Pro X: ブリティッシュスタック

ブリティッシュスタック

ブリティッシュ・スタック・モデルは、4 × 12インチキャビネットとの組み合わせでヘビーロックのサウンドを大いに決定づけた、50および100ワットのアンプヘッドをモデリングしています。これらのアンプは、ゲインを中程度に設定すると、厚みのあるコードやリフに最適です。ゲインを上げると、叙情的なソロのトーンや、パワフルなリズム・ギター・パートに使うことができます。音のスペクトル上の複雑なピークとディップによって、激しいディストーションをかけても明るく魅力的なトーンが保たれます。

モデル

説明

Vintage British Stack

パワフルかつ耳に心地よい歪みで有名になった、1960年代後期の50ワットアンプの音が再現されます。ゲインを最大にしても、音の透明感が保たれます。40年が経ってもなお、ロックのトーンの定番です。

Modern British Stack

「Vintage British」ヘッドを受け継ぐ、1980年代から1990年代にかけてのモデルです。当時のハードロックやメタルのスタイルに最適化されました。「Vintage British」アンプに比べ、ローエンドはより深く、ハイエンドはより明るく、中域はより「スクープ」が効いています。

Brown Stack

設計側の意図よりも低い電圧で使うことで、ブリティッシュヘッド独自のトーンを引き出すことができます。生み出される「ブラウン」サウンド(通常よりも歪みがあり、緩やかなトーンであることが多い)によって、面白い具合にギターの音の厚みが増します。

ヒント:クラシックなブリティッシュヘッドと4 × 12インチキャビネットという組み合わせは、ハイゲインでのリフに最適です。これらのヘッドは、小型のキャビネットを通しても良い音になり、ゲインを低めに設定するとクリーンな音になります。

公開日: 2019/09/13
役に立ちましたか?