Logic Pro X: MultiMeterの「Peak」パラメータ

MultiMeterの「Peak」パラメータ

MultiMeterでは、AnalyzerおよびGoniometerメータリングツールに共通の「Peak」パラメータが提供されます。LevelおよびCorrelationメーターには別個の「Peak」パラメータが提供されます。MultiMeterのLevel MeterとLoudness Meterを参照してください。

図。Peakのパラメータ

MultiMeterの「Peak」パラメータ

  • 「Peak」ポップアップメニュー: すべてのメータリングツールのホールド時間を設定します。2秒、4秒、6秒、または「infinite」(無限)を選択できます。

    注記:選択した時間を有効にするには、「Hold」ボタンをオンにしてピークホールドを有効にする必要があります。

  • 「Hold」ボタン: MultiMeterのすべてのメータリングモードでピークホールドを有効にします。以下のように表示されます:

    • Analyzer: 各1/3オクターブ・レベル・バーの上に小さな区画が現れ、ここに最新のピーク値が表示されます。

    • Goniometer: いったん光ったピクセルは、ピークのホールド時間中ずっと光ったままになります。

  • 「Reset」ボタン: すべてのメータリングツールのピークホールド値をリセットします。

  • 「Return Rate」ポップアップメニュー: モノラルインスタンスのみで表示されます。解析された信号がピーク/最大レベルからゼロまたは入力信号レベルに戻る速度を選択します。dB/秒で表されます。

    注記:このパラメータは、ステレオインスタンスがアクティブなときに、MultiMeterのLevel MeterとLoudness Meterの下に表示されます。

公開日: 2019/09/13
役に立ちましたか?