Logic Pro X: Level Meter

Level Meter

Level Meter: 現在の信号レベルがデシベル(dB)単位で表示されます。各チャンネルの信号レベルは青いバーで示されます。0 dBレベルに近づいている(ターゲットレベルより上)信号は、黄色のバーで示されます。信号レベルが0 dBを超えると、0 dBを超えた部分のバーが赤に変わります。

Level Meterのステレオインスタンスでは左右が別々のバーで表示されます。モノラルインスタンスは1つのバーで表示されます。

Level Meterのサラウンドインスタンスは、チャンネルごとに1つのバーで示されます。

図。Level Meterプラグインウインドウ

ピークレベル値は数値でおよび視覚的に表示されます。これらの値は、表示部分をクリックするとリセットすることができます。

Level Meterのパラメータ

  • 「Level」ポップアップメニュー: 「Peak」、「RMS」、「Peak & RMS」、「True Peak」、「True Peak & RMS」のいずれかの表示設定を選択します。

    • True Peakオプションでは、補間されたサンプル値が表示されます。

    • RMSのレベルは暗い青色のバーで表示されます。ピークレベルは明るい青色のバーで表示されます。ピークおよびRMSのレベルを同時に表示するよう選択することも可能です。

  • ターゲット・レベル・ハンドル: ドラッグしてターゲットレベルを設定します。このレベルより上の信号と0 dB未満の信号は黄色で表示されます。サラウンドインスタンスは中央およびLFE用に別個のハンドルを提供し、ほかのすべてのチャンネルは1つのハンドルによって制御されます。

  • 「表示」ポップアップメニュー: 横長または縦長ディスプレイを選択し、サイズを設定します。

    注記:プラグインウインドウ下部の隅をドラッグしてサイズを設定することもできます。

ピークレベルとRMSレベル

ピーク値は、信号が到達する最高のレベルのことです。RMS(二乗平均平方根)値は、信号全体の実効値です。つまり、信号の連続した出力が測定されています。

人間の聴覚は連続した信号を最も捉えやすいようにできているので、人間の耳は、ピークを読み取る計器よりもRMS計器に似ています。このため、ほとんどの場合、RMSメーターを使った方が意味のある結果が得られます。または、RMSメーターとピークメーターを併用することも可能です。

公開日: 2019/09/13
役に立ちましたか?