Logic Pro X: フェーズディストーション合成

フェーズディストーション合成

フェーズディストーション合成では、サイン波と2番目の変調波の位相角度をずらすことでさまざまな波形を作り出します。この合成方式はFM合成と似ています。フェーズディストーション合成の大きな特徴は、2つの波形をサイクルごとに同期することによってより多くの倍音を作り出す点です。

つまり、サイン波を曲げて、ノコギリ波、三角波、方形波などにできます。一般に、波形を生成する以上のことが可能な合成エンジンは、減算方式に従います。

フェーズディストーション合成が商品として登場したのは、1984年のCasio CZシリーズシンセサイザーが最初です。

 Logic Pro X に搭載されているシンセサイザーのいくつかではソース波形を変えることができますが、素材はサイン波に限られません。

公開日: 2019/09/13
役に立ちましたか?