Logic Pro X: Digital Mono

Digital Mono

Digital MonoはES2ベースの音源で、モノフォニックのデジタルシンセサイザーのリードサウンドを作り出すのに最適です。

  • 音量スライダ: 音源の全体的な音量レベルを設定します。

  • 「Tuning」スライダ: 音源の全体的なピッチを設定します。

  • 「Harmonics」スライダ: サウンドのハーモニクス(倍音)の数を増減します。「more」に設定するとサウンドが多少厚くなり、「less」に設定すると薄くなります。

  • 「Timbre」スライダ: 音色を暗から明へと変化させます。

  • 「Timbre Envelope」スライダ: キーボードを叩く強さによって音色を動的に変化させます。

    • 低い値を選択すると、キーをどれだけ強く叩いても、音色はまったく変化しないか、変化してもごくわずかです。

    • 高い値を選択すると、キータッチの強弱に応じて音色が大きく変化します。

  • 「Decay」スライダ: 遅い値に設定すると、サウンドの倍音成分(明るさ)の持続時間が長くなります。速い値に設定すると、サスティンレベルへの変化が速くなります。

  • 「Richness」スライダ: 演奏された各ノートのチューニングを少しずつずらして、音を少し厚くします。「high」パラメータ値を使用するとサウンドが多少厚くなります

  • 「Distortion」スライダ: 全体的に歪ませて、ナスティで攻撃的なサウンドにします。

    重要:「Distortion」パラメータは音源の全体的な音量を大幅に上げてしまうことがあるため、注意してください。スピーカーや聴覚が損傷するおそれがあります。

公開日: 2019/09/13
役に立ちましたか?