Logic Pro X: EVOC 20 PolySynthチューニング/ピッチパラメータ

EVOC 20 PolySynthチューニング/ピッチパラメータ

インターフェイスの左下にあるパラメータでは、EVOC 20 PolySynthサウンドの全体的なチューニングおよびその他のピッチ関連項目を制御します。

図。チューニング/ピッチパラメータ。

チューニング/ピッチパラメータ

  • 「Tune」フィールド: 全体的なチューニングをセント単位で指定します。100セントが1半音に相当します。

  • 「Analog」ノブ: ランダムなピッチデチューンの量を設定します。「Analog」は、ピッチをノートごとにランダムに変化させることで、旧式のボコーダーに使われているアナログ回路の不安定な状態をシミュレートします。これはポリフォニック・アナログ・シンセサイザーにもよく見られる現象です。

  • 「Glide」ノブ: ある音符から次の音符の高さまで徐々に変化する(ポルタメント)に要する時間を指定します。「mono」および「legato」モードについて詳しくは、EVOC 20 PolySynthグローバルパラメータも参照してください。

  • 「Bend Range」フィールド: ピッチベンドでピッチを動かす範囲を半音単位で指定します。

公開日: 2019/09/13
役に立ちましたか?