Logic Pro X: Arpeggiatorのノート順序パラメータの概要

Arpeggiatorのノート順序パラメータの概要

ノート順序パラメータでは、プリセットされた再生レートで演奏される、プログラム済みのノートの順序を制御できます。すべてのノートが演奏されると、再び最初のノートからアルペジオが演奏されます。キーを1つ弾くと、そのキーが繰り返されます。複数のキーを弾くと、押さえたノートが1つずつ演奏されます。後からほかのノートを弾くと、継ぎ目を感じさせずにこれらのノートがアルペジオに追加されます。ノートを放すと、これらのノートはアルペジオから取り除かれます。弾いているキーをすべて放すとアルペジオが停止します(ArpeggiatorのコントロールパラメータでLatchモードがオンになっている場合を除きます)。

Arpeggiatorプラグインは各ノートに対し、演奏される順に自動的に位置識別番号を割り当てます。この位置識別番号は、音符や休符、タイなどのイベントと特定のステップを関連付けます。これによって、たとえば3番目のステップを休符にしたままノート順序プリセットを入れ替えることができます。

図。Arpeggiatorのノート順序パラメータ。

ノート順序パラメータ

ノート順序パラメータはアルペジオの演奏中に変更できます。変更するとすぐに、変更内容は演奏中のアルペジオに継ぎ目を感じさせずに適用されます。

  • 「Rate」ノブ/フィールド: アルペジエータのレートを設定します。以下のいずれかのオプションを選択できます: 「1/4」、「1/8」、「1/16」(3連符や付点音符も含まれます)、「1/32」。フィールドをクリックし、ポップアップメニューから値を選択することもできます。LEDはレートを表し、新しいサイクルが始まるたびに色が一瞬変わります。

  • 方向ボタン: アルペジオの方向を設定します。

    • アップ: 一番低いノートから一番高いノートに向かってアルペジオが演奏されます。

    • ダウン: 一番高いノートから一番低いノートに向かってアルペジオが演奏されます。

    • アップ/ダウン: 上下するアルペジオです。一番低いノートから始まり、一番高いノートと一番低いノートで折り返されます。

    • アウトサイドイン: 一番高いノートに続いて一番低いノートが演奏された後、2番目に高いノートに続いて2番目に低いノート、3番目に高いノートに続いて3番目に低いノート、という順にアルペジオが演奏されます。

    • ランダム: アルペジオを構成するノートがランダムに演奏されます。

    • 演奏した順: トリガされた順にすべてのノートが演奏されます。

    • ロックボタン: 「演奏した順」ボタンをクリックすると動作します。開いた鍵のシンボルが表示されます。開いた鍵のシンボルをクリックすると、アルペジオがトリガされたときにその時点のノートの順序がロックされます。閉じた鍵が表示されます。このノートの順序とリズム感は以降にトリガされるアルペジオでも保持されますが、元のノートが新しいノートに置き換わります。鍵のシンボルを再度クリックするとノート順序のロックが解除され、通常の「演奏した順」の動作に戻ります。ロックの状態とノート順序は設定と共に保存できます。

  • 「Variation」スイッチ: ノート順序のバリエーションの種類を指定します。詳しくは、Arpeggiatorのノート順序のバリエーションを参照してください。

  • 「Oct Range/Inversions」ボタン: 「Octave Range」モードと「Inversions」モードを切り替えます。ボタンの下の、4通りに切り替えられる「Oct Range/Inversion」スイッチは、オクターブの範囲またはコードの転回パターンを指定するために使用します。

  • 「Oct Range/Inversions」スイッチ: オクターブの範囲またはコードの転回パターンを指定します。「Inversions」モードでのスイッチの4つの位置と動作について詳しくは、Arpeggiatorのノート順序の転回を参照してください。

    「Octave Range」モードの場合:

    • 1の位置: トランスポーズなしでアルペジオが繰り返されます。

    • 2の位置: 一番低いノートが1オクターブ分トランスポーズされます。1回繰り返されると、元のオクターブからアルペジオが始まります。

    • 3の位置: 1回目の繰り返しは1オクターブ分、2回目の繰り返しは2オクターブ分トランスポーズされます。2回目の繰り返しが終わると、元のオクターブからアルペジオが始まります。

    • 4の位置: 1回目の繰り返しは1オクターブ分、2回目の繰り返しは2オクターブ分、3回目の繰り返しは3オクターブ分トランスポーズされます。3回目の繰り返しが終わると、元のオクターブからアルペジオが始まります。

    「Inversions」モードの場合:

    • 1の位置: 押さえているノートの順序を変えずにアルペジオが繰り返されます。

    • 2の位置: 1回目の繰り返しのときにアルペジオが1回転回されます。1回目の繰り返しが終わると、元の音の並びに戻って始めから演奏されます。

    • 3の位置: 1回目と2回目の繰り返しのときにそれぞれ1回ずつアルペジオが転回されます。2回目の繰り返しが終わると、元の音の並びに戻って始めから演奏されます。

    • 4の位置: 1回目、2回目、3回目の繰り返しのときにそれぞれ1回ずつアルペジオが転回されます。3回目の繰り返しが終わると、元の音の並びに戻って始めから演奏されます。

公開日: 2019/09/13
役に立ちましたか?