Logic Pro X: Alchemyのソースフィルタ

Alchemyのソースフィルタ

ソースセクションは詳細表示でのみ表示されます。詳細表示に切り替えるには、「Advanced」ボタンをクリックします。その後、「A」、「B」、「C」、または「D」ボタンをクリックして、編集するソースを選択します。

ソース・フィルタ・モジュールには3つのマルチモードフィルタがあり、それらを並列または直列に構成できます。ソースフィルタでは、各ソースに個別にフィルタをかけることができます。これに対し、メインフィルタでは、4つのソースをミックスした信号にフィルタがかかります。Alchemyのメイン・フィルタ・コントロールを参照してください。

ヒント:フィルタはシグナルパス上の複数の位置で使用できますが、使いかたを工夫すれば、フィルタの数を減らしてもまったく同じかほぼ同じ結果が得られます。フィルタの数が少ない方がCPUに対する負荷は低くなります。

  • ソースフィルタを直列に構成すると、信号は3つのフィルタを順番に通ります。

    図。直列構成にしたソースフィルタの図。
  • ソースフィルタを並列に構成すると、信号は分割されて3つのフィルタを同時に通ります。

    図。並列構成にしたソースフィルタの図。

ソース・フィルタ・パラメータ

以下では、多くのフィルタに共通するコントロールを示します。選択したフィルタのタイプによって、利用可能なコントロールの名前と機能が変わる場合があることに注意してください(「Cutoff」、「Res」、「Drive」など)。Alchemyのフィルタの種類およびAlchemyのソースフィルタを使用する際のヒントを参照してください。

  • 「1/2/3」ボタン: 各フィルタを選択します。3つのフィルタは独立しており、個別に設定できます。各ボタンの上部のLEDでは、オン(点灯)またはオフ(消灯)の状態が示されます。

    図。ソースフィルタ。
  • オン/オフボタン: 各フィルタ(1、2、3)のオン/オフを切り替えます。

  • フィルタ・タイプ・ポップアップメニュー/フィールド: フィルタのタイプを選択します。「Clean」、「Edgy」、「Gritty」、「Rich」、「Sharp」、「Smooth」という説明的な名前で判断して、サウンドに最適な項目を選択してください。左右の矢印ボタンを使って、利用可能なフィルタ・タイプを順に切り替えることもできます。

  • 「Ser/Par」ボタン: フィルタのルーティング構成を設定します。「Ser」(直列)ではフィルタ1からフィルタ2に信号が流れます。「Par」(並列)では2つのフィルタが横並びに配置されます。

  • 「Cutoff」ノブ/フィールド: 選択したフィルタ・タイプのカットオフ周波数を設定します。

  • 「Res」ノブ/フィールド: 「Cutoff」ノブで設定した値の上、下、または周辺の周波数をブーストまたはカットします。「Res」の機能はフィルタ・タイプによって異なります。

  • 「Drive」ノブ/フィールド: フィルタをオーバードライブさせます。フィルタ・タイプによっては、これによって強いディストーションやエイリアシングがかかります。

  • 「Send」ノブ: 送信先ポップアップメニューで指定した送信先に送るソース出力(ソースフィルタを使用している場合はその適用後)のレベルを設定します。

  • 送信先ポップアップメニュー: ソース出力(ソースフィルタを使用している場合はその適用後)の送信先を設定します。

    • F1/F2: ソース出力をメインフィルタ1と2にルーティングします。これらの出力先間のバランスは「Send」ノブで設定します。

    • F1/FX A/B/C/D: ソース出力をメインフィルタ1とエフェクトラックA、B、C、またはDにルーティングします。これらの出力先間のバランスは「Send」ノブで設定します。

    • F2/FX A/B/C/D: ソース出力をメインフィルタ2とエフェクトラックA、B、C、またはDにルーティングします。これらの出力先間のバランスは「Send」ノブで設定します。

      注記:「Send」ノブを右いっぱいに回すと、エフェクトラックA、B、C、またはDに送られる信号はメインフィルタをバイパスします。Alchemyのエフェクトの概要を参照してください。

公開日: 2019/09/13
役に立ちましたか?