Logic Pro X: HandleMIDI関数

HandleMIDI関数

HandleMIDI()関数を使用すると、プラグインが受信したMIDIイベントを処理できます。HandleMIDIはプラグインがMIDIイベントを受信するたびに呼び出され、受信したMIDIイベントを処理するために必要です。HandleMIDI関数が実装されていないと、イベントは未処理のままプラグインを通過します。

HandleMIDIは、受信したMIDIイベントを表すJavaScriptオブジェクトである1つの引数と共に呼び出されます。以下にHandleMIDIとJavaScript Eventオブジェクトの使いかたの例を示します。

対応するチュートリアル設定を読み込んで、スクリプトエディタにスクリプトを表示してください。コードおよびコメントの構文構造とレイアウトの理解に役立ちます。スクリプトエディタを使うを参照してください。

チュートリアルスクリプト1: 単純なパススルー

MIDIイベントはプラグインを通過します。

function HandleMIDI(event) { event.send(); }

チュートリアルスクリプト2: イベントのトレース

イベントログをプラグインのコンソールに記録し、どこにも送信しません。

function HandleMIDI(event) { event.trace(); }

チュートリアルスクリプト3: トランスポーズおよびディレイ

100ミリ秒のディレイと共にノートを1オクターブ上で繰り返し、その他のイベントは通過させます。

「/*」の後ろのテキストは、JavaScriptコードについて説明するコメントを示します。

function HandleMIDI(event) { event.send(); /* send original event */ if (event instanceof Note) { /* if it is a note */ event.pitch += 12; /* transpose up one octave */ event.sendAfterMilliseconds(100); /* send after delay */ } }
公開日: 2019/09/13
役に立ちましたか?