Logic Pro X: EVOC 20 TrackOscillatorの「Analysis in」パラメータ

EVOC 20 TrackOscillatorの「Analysis in」パラメータ

「Analysis in」セクションのパラメータでは、EVOC 20 TrackOscillatorによって入力信号がどのように分析および使用されるかを指定します。

図。「Analysis in」パラメータ。

「Analysis in」パラメータ

  • 「Attack」ノブ: 上昇する信号に対して、分析の各フィルタ帯域に対応するエンベロープフォロワーが反応する速度を指定します。

  • 「Release」ノブ: 下降する信号に対して、分析の各フィルタ帯域に対応するエンベロープフォロワーが反応する速度を指定します。

  • 「フリーズ」ボタン: 現在の分析サウンドスペクトルを無期限に保持します。「Freeze」ボタンを放すまでの間に入力されるソース信号は、分析フィルタバンクでは無視されます。また、「Attack」や「Release」ノブの設定には影響を受けません。

  • 「Bands」フィールド: 分析の対象となり、合成エンジンで使用する周波数帯の数を設定します。最大20の周波数帯を使用できます。

  • 「Analysis in」ポップアップメニュー: 分析信号のソースを設定します。

    • Track: EVOC 20 TrackOscillatorの挿入先チャンネルストリップの入力オーディオ信号を分析信号として使用します。

    • SideCh(SideChain): サイドチェーンを分析信号として使用します。プラグインウインドウの右上隅にある「サイドチェーン」ポップアップメニューから、サイドチェーンソースのチャンネルストリップを選択します。

    注記:「SideCh」を選択した場合にサイドチェーン・チャンネル・ストリップが割り当てられていなければ、EVOC 20 TrackOscillatorは「Track」モードに戻ります。

「Attack」時間と「Release」時間を設定する

  • 「Attack」および「Release」ノブを回して、最も明瞭なサウンドが得られる「Attack」および「Release」時間を設定します。

    この「Attack」時間の値を大きめにすると、分析入力信号の変化(レベルのスパイク)にゆっくりと追従するようになります。話し声やハイハットなどパーカッシブな要素を持つ入力信号の場合、「Attack」の値が大きすぎると、ボコーダーの音は歯切れが悪くなってしまいます。明瞭な発音になるよう、「Attack」パラメータの値はできるだけ小さくしてください。

    この「Release」時間の値を大きめにすると、分析入力信号のレベルが落ちても、ボコーダーの出力にしばらくの間その影響が残るようになります。話し声やハイハットなどパーカッシブな要素を持つ入力信号の場合、「Release」の値が大きすぎると、ボコーダーの音は歯切れが悪くなってしまいます。ただし「Release」時間が極端に短くても、ボツボツとして粗い音になります。開始位置は「Release」値を8-10 msにしておくと便利です。

入力信号をフリーズする

  • 「Freeze」ボタンをクリックすると、分析入力信号のサウンドスペクトルが保持されます。

    入力信号をフリーズ(固定)すると、その時点の信号特性が、合成セクションの複雑なフィルタ形状として反映されたままになります。これは、以下のような場合に便利なことがあります:

    • 話し声をソース信号とした場合、ある単語中の、たとえば母音「a」のアタック段やテール段における信号特性を固定できます。

    • 人間はいつまでも歌い続けるわけにはいきません。こうした人間の限界を補うには、「Freeze」ボタンを使います。分析ソース信号(ボーカルパート)がない場合に合成信号を維持する必要がある場合は、ボーカルのパートで(ボーカルフレーズの言葉の間に)ギャップがあったとしても、「Freeze」ボタンを使って現在の(歌部分のノートの)フォルマントレベルをロックします。

    ヒント:「Freeze」パラメータは自動化できるため、このような場合に役立つでしょう。

フィルタバンクの周波数帯の数を設定する

  • 「Bands」フィールドを上下にドラッグして、EVOC 20 TrackOscillatorのフィルタバンクで使用する周波数帯の数を設定します。

    細かく分割するほど、入力信号の特性をより正確に再現できます。逆にこの値を小さくすると、大まかにしか分割されないので、合成エンジンで再現される信号の精度が落ちてしまうことになります。10-15帯域程度にしておけば、比較的精度も高く、特に会話や歌の場合は聞き取りやすさも保たれ、その一方で負荷も適度に抑えることができます。

    ヒント:ピッチをできるだけ正確にトラッキングするためには、ピッチの重なりがないモノ信号を使う必要があります。未処理でバックグラウンドノイズのない信号が理想的です。たとえば少量であってもリバーブ処理がかかった信号を使うと、おかしな音になります。ドラムループなど、聞こえるピッチを使用していない信号でもおかしな音になります。ただし、プロジェクトにとって望ましい結果が得られることもあります。

公開日: 2019/09/13
役に立ちましたか?