Logic Pro X: Sculptureのモーフエンベロープを記録する

Sculptureのモーフエンベロープを記録する

このセクションでは、モーフエンベロープを記録するために必要な手順を説明します。

図。「R」(Record)ボタン。

記録トリガモードを選択する

  • 「R」ボタン右側の「Trigger Mode」ポップアップメニューをクリックし、以下のいずれかのトリガモードを選択します。これで、「R」(記録)がオンのときに記録が開始されます:

    • NoteOn: ノートが演奏されたときに記録を開始します。

    • Note + Move Morph Point: ノートがホールドされている間にMIDIコントロールチェンジ・メッセージ(「MIDI Controller Assign」セクションの「Morph X」および「Morph Y」パラメータで割り当て)を受信したときに、記録を開始します。

    • Note + Sustain Pedal: ノートがホールドされている間にサスティンペダルが押されたときに記録を開始します。

モーフエンベロープを記録する

  1. 「Morph」パッドを使用しない場合は、トリガモードを選択します。

    「Morph」パッドを使用する場合はこの手順を省略してください。

  2. 「R」(記録)ボタンをクリックして、モーフエンベロープの記録機能を有効にします。

  3. MIDIキーボードでノートを演奏し、以下のいずれかの操作を行います:

コントローラの動作を記録すると、「R」(記録)は自動的にオフに設定され、「Mode」は「Env」のみに設定されます。これによって、コントローラの位置や記録完了後の動きに関係なく、記録された動作だけが有効になります。

注記:「R」ボタンをクリックすると、モードがデフォルトで「Pad」(「Morph」パッド)に設定されます。Sculptureのモーフ・エンベロープ・パラメータを参照してください。

モーフエンベロープの記録を停止する

以下のいずれかの操作を行います:

  • 「R」(記録)ボタン(またはトリガ)をもう一度クリックします。

  • すべてのキーをリリースし、すべてのボイスのディケイフェーズが完了できるようにします。記録が自動的に停止します。

注記:ディケイフェーズが完了する前でも、すべてのキーをリリースした後で何か1つキーを押せば記録を停止できます。

公開日: 2019/09/13
役に立ちましたか?