Logic Pro X: Hybrid Morph

Hybrid Morph

Hybrid Morphはサンプルベースのシンセサイザーで、壮大なサウンドが得られます。Hybrid Basicとは異なり、波形はいずれも2つのサンプルレイヤーをベースにしているため、異なる音色になります。

  • 音量スライダ: 音源の全体的な音量レベルを設定します。

  • 「Waveform」ポップアップメニュー: 基本となるシンセサイザーサウンドの生成に使用するサンプルセットを選択します。

  • 「Morph」スライダ: 2つのサンプルレイヤーの間のクロスフェードを制御します。

  • 「Morph Envelope」スライダ: 時間経過に伴うモーフィングを制御します。たとえば、「Morph」パラメータを「B」、「Morph Envelope」を「From A To B」に設定すると、ADSRエンベロープの設定に従って波形が「A」から「B」に変形します。

    注記:「Morph」パラメータを「A」、「Morph Envelope」を「From A to B」に設定した場合、ADSR(エンベロープ)の設定によっては音が出ないことがあります。この場合、ライブ演奏時にモジュレーションホイールを使って「Morph」パラメータをオフセットすると、面白いサウンドが得られます。

  • 「Cutoff」スライダ: 低く設定すると狭い範囲の音のみがフィルタを通過するためサウンドが減衰し、高く設定すると広い範囲の音がフィルタを通過するため明るいサウンドになります。

  • 「Cutoff Type」ポップアップメニュー: プリセット済みのいくつかのフィルタカーブの中から選択できます。「Cutoff」および「Resonance」パラメータの設定をいろいろと変えて試してみてください。

  • 「Resonance」スライダ: 「Cutoff」パラメータで指定される位置付近の周波数範囲を強調します。

  • 「Cutoff Envelope」スライダ: 「Cutoff」パラメータに適用されるエンベロープ加工の強度を調整します。

  • 「Attack」スライダ: 音の立ち上がりを急激にしたり緩やかにしたりします。「fast」に設定するとピアノのキーを強く叩いたような音になり、「slow」に設定するとバイオリンの弦を弓で弾いたような音になります。

  • 「Decay」スライダ: 遅い値に設定すると、サウンドの倍音成分(明るさ)の持続時間が長くなります。速い値に設定すると、サスティンレベルへの変化が速くなります。

  • 「Sustain」スライダ: アタックフェーズまたはディケイフェーズが完了した後のサウンドレベルを指定します。

  • 「Release」スライダ: キーボードのキーを離してからノートがフェードアウトするまでの時間を指定します。

公開日: 2019/09/13
役に立ちましたか?