Logic Pro X: アーティキュレーション編集の概要

アーティキュレーション編集の概要

楽器をエミュレートするサンプリング音源では、多くの場合、実際の楽器でできる独特な奏法を切り替えることができます。こうした奏法を「Logic Pro」ではアーティキュレーションと呼びます。各アーティキュレーションには一意のアーティキュレーションIDが割り当てられています。たとえば、バイオリンのサンプリング音源では、用意されたアーティキュレーションを使ってトレモロ、ピッツィカート、持続音を切り替えたり、管楽器のサンプリング音源では持続音、スタッカート、トリル、フォールを切り替えたりできることがあります。

「Logic Pro」では、演奏する音に使用するアーティキュレーションをさまざまな方法で選択できます:

  • 使用可能なアーティキュレーションに関する情報はすべて、アーティキュレーションセットに保存されます。アーティキュレーションセットは、保存したパッチ内と保存したプロジェクト内の両方に保存されます。

  • 設定済みのアーティキュレーションセットが一緒に読み込まれる音源では、プラグインウインドウのヘッダでアーティキュレーションを選択できます。また、エディタのポップアップメニューから選択することもできます。

  • 演奏を録音するときは、各ノートとともにそれぞれのアーティキュレーションが記録されます。録音した(または手動で作成した)ノートでは、各種エディタの「アーティキュレーション」ポップアップメニューでアーティキュレーションを変更できます。詳しくは、エディタでアーティキュレーションを管理するを参照してください。

  • トラックインスペクタでアーティキュレーションセットを選択できます。アーティキュレーション・セット・エディタを使うと、既存のアーティキュレーションセットのパラメータを作成、表示、変更できます。

公開日: 2019/09/13
役に立ちましたか?