Logic Pro X: Pitch Correctionエフェクトの参照チューニングを使う

Pitch Correctionエフェクトの参照チューニングを使う

「Use Global Tuning」ボタンをオンにすると、ピッチ補正処理に Logic Pro X のチューニング設定が使用されます。これにより、ピッチ補正の対象となるボーカルパートとすべてのソフトウェア音源の間でピッチをそろえることができます。

「Use Global Tuning」をオフにした場合は、「Ref. Pitch」フィールドで、ルートキー(ルートノート)に対する参照チューニングを設定できます。

「Ref. Pitch」が効果的なのは、たとえば、ボーカルラインのイントネーションがソング全体でややシャープまたはフラット寄りになっている場合です。その一定のピッチのずれ幅を「Ref. Pitch」でセント単位で指定することによって、ピッチ検出処理への入力時点で問題に対処できます。これにより、ピッチ補正がより正確に行われるようになります。

注記:同じ合唱の中でそれぞれの声のノートを個別に補正する際には、ソフトウェア音源チューニングとは異なるチューニングを使用すると効果的な場合があります。すべての声を個別に補正した結果、完全に同じピッチになると、合唱の効果が一部失われてしまいます。これを防ぐには、ピッチ補正を個別にチューニング(デチューニング)してください。

 Logic Pro X の参照チューニングを設定する

  • すべてのソフトウェア音源用の参照チューニングを設定するには、「ファイル」>「プロジェクト設定」>「チューニング」と選択します。

公開日: 2019/09/13
役に立ちましたか?